このページの本文へ

AMD「Phenom X3」「Phenom X4 9550」

トリプルコアCPU「Phenom X3」が26日デビュー!

2008年04月24日 22時15分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 23日に発表されたAMDのトリプルコアCPU「Phenom X3」シリーズの販売が26日(土)から始まる予定だ。なお、同時に「Phenom X4 9550」も店頭に並ぶ。

「Phenom X3」
初のトリプルコア採用CPU「Phenom X3」シリーズの販売が26日(土)から始まる。上位2モデルの「Phenom X3 8750」と「Phenom X3 8650」がまずは店頭に並ぶ

初のトリプルコア採用CPU「Phenom X3」シリーズ

 「Phenom X3」シリーズは、3月に発表された初のトリプルコア採用CPU。3つのCPUコアと各コアに付属する1~2次キャッシュ、全コアに共有される3次キャッシュ、統合メモリーコントローラーなどを内蔵する。
 製造プロセスは65nm SOI。トランジスター数は約4億5000万個で、これはクアッドコアCPUである「Phenom X4」と同じ。4コアを実装するものの、1個分使用していないCPUが「Phenom X3」となる。その他、各コアごとに512KBの2次キャッシュを備えるほか、1.5MBの共有3次キャッシュ搭載。メモリーコントローラーはDDR2-1066まで対応。HyperTransport 3.0に対応しTDPは95Wとなる。

「Phenom X3 8750」 ノベルティ
クロック周波数2.4GHzの「Phenom X3 8750」。なお「Phenom X3」シリーズを購入すると「ふぇのむ木札」が貰える

 ラインナップはクロック周波数2.4GHzの「Phenom X3 8750」とクロック周波数2.3GHzの「Phenom X3 8650」、クロック周波数2.1GHzの「Phenom X3 8450」の3モデル。このうち26日から発売となるのは上位2モデルの「Phenom X3 8750」と「Phenom X3 8650」だ。
 また、ご存じの通りCPU名のモデルナンバー下2桁が「50」となっているので、TLBエラッタが解消されたB3ステッピング採用のモデルということになる。現在予約を受け付けているT-ZONE.PC DIY SHOPでは「Phenom X3 8750」が予価2万1924円、「Phenom X3 8650」が1万8690円。もちろん26日からは、ほとんどのパーツショップで販売がスタートする予定だ。

「Phenom X3 8650」 拡大
クロック周波数2.3GHzの「Phenom X3 8650」。ご存じの通りCPU名のモデルナンバー下2桁が“50”となっているので、TLBエラッタが解消されたB3ステッピング採用のモデルということになる

「Phenom X4 9550」も同時発売

 同時発売となる「Phenom X4 9550」は、すでに販売中の「Phenom X4 9750」と「Phenom X4 9850 Black Edition」の下位モデルで、クロック周波数は2.2GHz。TDPは95Wで、L2キャッシュが512KB×4、L3キャッシュが2MBとなるのは従来通りだ。こちらもT-ZONE.PC DIY SHOPにすでに入荷済み。予価は2万1924円となっている。
 なお、同店によるとTDP65Wとなる省電力モデル「Phenom X4 9100e」も29日に入荷するとのこと。こちらも予価は2万1924円だ。

「Phenom X4 9550」 拡大
「Phenom X4 9550」。クロック周波数は2.2GHz。TDPは95Wで、L2キャッシュが512KB×4、L3キャッシュが2MBとなるのは従来通り

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中