このページの本文へ

au、ワンセグ&有機ELケータイ「W61SA」を発売

2008年04月17日 22時10分更新

文● 永島和夫

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 KDDI(株)および沖縄セルラー電話(株)は17日、京セラ(株)製の携帯電話機「W61SA」(関連記事)を順次販売を開始した。本日発売となるのは沖縄エリアで、25日に東北エリアで発売、そのほかのエリアは26日に発売予定となっている。

W61SA
「W61SA」左からフュージョンブラック、イノセンスホワイト、グレースピンク

 W61SAはスライドタイプのボディーに3.0インチQVGA(240×432ドット)有機ELディスプレーや、ディスプレーのタッチセンサーBluetoothへ対応したことなどが特徴。夏に開始予定の「LISMO Video」や「au Smart Sports Run&Walk」などの最新サービスにも対応する。

 そのほかにはワンセグ視聴機能や、音楽や映像コンテンツの音声をFM電波で送信する「FMトランスミッター」を搭載。「着うたフル」をソニーのウォークマンやHDDコンポ「ネットジューク」で再生できる“LISMO「オーディオ機器連携」”などにも対応する多機能モデルとなっている。

 本体のスペックは、カメラにオートフォーカス機能付きの有効199万画素CMOSセンサーを搭載。連続通話時間は250分、連続待受時間は約260時間。本体サイズは幅51×厚さ17.7×高さ108mm、重さは約140g。ボディカラーは「フュージョンブラック」「イノセンスホワイト」「グレースピンク」の3色が用意される。


■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART