このページの本文へ

TCA、2008年3月の携帯電話契約数を発表

2008年04月07日 22時40分更新

文● 永島和夫

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 (社)電気通信事業者協会(TCA)は7日、3月末時点の携帯電話・PHSの契約数を発表した。

 携帯電話機の契約数は新入学シーズンを控えた3月ということもあり、全体で134万8200件増の1億272万4500件。純増数の順位はソフトバンクモバイル(株)、KDDI(株)グループ、(株)NTTドコモ、イー・モバイル(株)で、前月(関連記事)と変化はなし

 純増契約数を事業者グループ別に見ると、純増数1位のソフトバンクモバイルが54万3900件増の1858万6200件。auのみでは54万3100件増の3010万5100件。KDDIグループ全体ではツーカーが4万2600件減の23万4100件を合わせて50万500件増の3033万9100件となった。増加数ではau単体に対してもソフトバンクが上回っている。さらに、NTTドコモは17万3700件増の5338万7700件、イー・モバイルは13万200件増の41万1500件と続く。

 なお、ツーカーのサービスが3月31日で終了したため、4月1日時点で23万4100件のツーカーユーザーが契約解除となっている。これらのユーザーは希望すればauへの同番移行の措置がとられるが、希望しなければ解約となる。

 システム別では、第三世代(3G)への移行が進む中、NTTドコモグループのPDC方式が1000万件を割り込んだ。第三世代方式の伸びは順調で、NTTドコモグループのW-CDMA方式は87万1900件増の4394万9300件、ソフトバンクのW-CDMA方式は80万1600件増の1400万6900件と契約数を上回る伸びを記録している。

 PHSは、ウィルコムグループのみの動向となる。3月は増加に転じ、全国で1万8400件増の461万5300件となった。

携帯電話の事業者別契約数(2008年3月末)

全事業者合計
1億272万4500件(134万8200件増)
NTTドコモグループ
5338万7700件(17万3700件増)
auグループ
3010万5100件(54万3100件増)
ツーカー
23万4100件(4万2600件減)
KDDIグループ合計
3033万9100件(50万500件増)
ソフトバンクモバイル
1858万6200件(54万3900件増)
イー・モバイル
41万1500件(13万200件増)


システム別

W-CDMA/NTTドコモグループ
4394万9300件(87万1900件増)
W-CDMA/ソフトバンクモバイル
1400万6900件(80万1600件増)
CDMA2000 1X/au
2968万8600件(55万4500件増)
W-CDMA/イー・モバイル
41万1500件(13万0200件増)
PDC/NTTドコモグループ
943万8300件(69万8200件減)
PDC/ソフトバンクモバイル
457万79300件(25万7700件減)
PDC/ツーカーグループ
23万4100件(4万2600件減)
cdmaOne
41万6500件(1万1400件減)



PHSの事業者別契約数(2008年3月末)

ウィルコムグループ
461万5300件(1万8400件増)

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART