このページの本文へ

松下電器、PCレスでDVDダビングできるUSB DVDドライブを発売

2007年12月05日 21時44分更新

文● 編集部 太田 渉

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 松下電器産業(株)は5日、ハイビジョンデジタルビデオカメラで撮影したハイビジョン映像を、パソコンを経由せずにダイレクトでDVDに記録できるUSBポータブルDVDドライブ「DVDバーナー」(VW-BN1)を発表した。価格はオープンプライス。予想実売価格は2万5000円前後。発売日は20日。

DVDバーナー DVDバーナー

 DVDバーナーと同社のハイビジョンデジタルビデオカメラ「HDC-SD7」「HDC-SD5」(関連記事)を同梱USBケーブルで直接接続すれば、最大6倍速でハイビジョン映像をダビングできる。また、ビデオカメラを介して、ハイビジョンテレビに接続すれば、DVDに記録された映像をテレビ側で再生できる。なお、音声を出力するにはビデオカメラに音声ケーブルを接続する必要がある。

 対応メディアはDVD-RAM/DVD-R/DVD-R DL/DVD-RW/CD-R/CD-RW。なお、8cmのDVDメディアには非対応。書き込みはDVD-Rが8倍速、DVD-R DLが4倍速、CD-Rが24倍速。書き換えは、DVD-RAMが3倍速、DVD-RWが4倍速、CD-RWが16倍速。

 インターフェースはUSB 2.0(Hi-Speed)/1.1。バッファーは2MBを搭載する。電源は同梱のACアダプターを利用する。消費電力は7.5W(データ書き込み時)。本体サイズは幅139×奥行き138.8×高さ18mm、重量が約390g。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン