このページの本文へ

ASUSTeK続々発売!「X38」搭載でPCI-X装備のマザーが2モデルデビュー!

2007年10月20日 23時30分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ASUSTeKが続々と「X38」搭載マザーボードのラインナップを増やしている。初のDDR3対応モデルを含めたワークステーション向けとなる2モデル「P5E WS PRO」と「P5E3 WS PRO」が発売された。

「P5E3 WS PRO」
初のDDR3対応モデルを含めたワークステーション向けとなる「P5E3 WS PRO」が発売。ASUSTeKは続々と「X38」搭載マザーボードのラインナップを増やしている

「X38」搭載マザー初のDDR3対応モデル「P5E3 WS PRO」

 「X38」搭載マザー初のDDR3対応モデルとなるほか、ワークステーション向けということで拡張スロットにPCI-Xを2本搭載するのが特徴の同製品。North-South bridge間にヒートパイプはないが、PWM周りに設置されたヒートシンクとNorth bridgeとはヒートパイプ接続されている。
 主なスペックはSouth bridgeが「ICH9R」。拡張スロットはPCI Express(2.0)x16×2、PCI Express x1×1、PCI×1、PCI-X×2、メモリスロットはDDR3 DIMM×4(DDR3-1800/1600/1333/1066/800、最大8GBまで)という構成。オンボードインターフェイスには、デュアルギガビットイーサネット(Marvell/88E8056)や8chサウンド(ADI/AD1988B)、IEEE1394、Serial ATA II×8(RAID 0/1/5/10)、eSATA×2、IDE×1などを搭載する。また例によってFSBは1600MHzまで、DDR3メモリはDDR3-1800/1600にオーバークロックを前提に対応している。価格および販売ショップは以下の通りだ。

メモリスロット 拡張スロット I/O部
「X38」搭載マザー初のDDR3対応モデルでメモリスロットはDDR3 DIMM×4(DDR3-1800/1600/1333/1066/800、最大8GBまで)という構成拡張スロットはPCI Express(2.0)x16×2、PCI Express x1×1、PCI×1、PCI-X×2となるワークステーション向けながらオンボードインターフェイスも一通り揃う
「P5E3 WS PRO」
価格ショップ
¥42,180TWOTOP秋葉原本店
¥42,480アーク
¥42,680T-ZONE.PC DIY SHOP
¥42,800高速電脳
BLESS秋葉原本店
¥42,840USER’S SIDE本店
¥42,980TSUKUMO eX.

「P5E3 WS PRO」のメモリDDR2対応版「P5E WS PRO」

 同時発売となった「P5E WS PRO」は前述の「P5E3 WS PRO」のメモリDDR2対応版というところ。メモリスロットはDDR2 DIMM×4(DDR2-1200/1066/800/667、最大8GBまで)で、拡張スロットはPCI Express(2.0)x16×2、PCI Express x1×1、PCI×2、PCI-X×1(「P5E WS PRO」とは若干構成が異なる)という構成。
 オンボードインターフェイスには、デュアルギガビットイーサネット(Marvell/88E8056)や8chサウンド(RealTek/ALC888)、IEEE1394、Serial ATA II×8(RAID 0/1/5/10)、eSATA×2、IDE×1などを搭載する。また例によってFSBは1600MHzまで、DDR2メモリはDDR2-1200にオーバークロックを前提に対応。価格および販売ショップは以下の通りとなっている。

「P5E WS PRO」
同時発売となった「P5E WS PRO」は前述の「P5E3 WS PRO」のメモリDDR2対応版。メモリスロットはDDR2 DIMM×4(DDR2-1200/1066/800/667、最大8GBまで)で、拡張スロットはPCI Express(2.0)x16×2、PCI Express x1×1、PCI×2、PCI-X×1(「P5E WS PRO」とは若干構成が異なる)となる
「P5E WS PRO」
価格ショップ
¥41,170フェイスカスタム館
¥41,300高速電脳
¥41,380スリートップ2号店
¥41,480アーク
T-ZONE.PC DIY SHOP
¥41,790USER’S SIDE本店
¥41,800BLESS秋葉原本店
ソフマップリユース総合館
¥42,000TSUKUMO eX.

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中