このページの本文へ

HDMI/DVIサポートの「GeForce 7100/7150」搭載LGA 775対応マザーがBiostarから!

2007年10月12日 21時30分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Intel系CPU対応のNVIDIA製VGA機能統合型チップセット「GeForce 7150」+「nForce 630i」と「GeForce 7100」+「nForce 630i」を搭載するLGA 775対応マザーボードが2モデル、Biostarから発売となった。

GeForce 7150 GeForce 7150
Intel系CPU対応のNVIDIA製VGA機能統合型チップセット「GeForce 7150」+「nForce 630i」と「GeForce 7100」+「nForce 630i」を搭載するLGA 775対応マザーボードが2モデルがBiostarから発売

 先日、シリーズ最下位モデルとなるチップセット「Geforce 7050」+「nForce 610i」を搭載した「GF7050V-M7」を発売したBiostarだが、今回登場したのは、最上位モデルとなる「GeForce 7150」+「nForce 630i」を搭載した「TF7150U-M7」と、その下位モデル「GeForce 7100」+「nForce 630i」を搭載した「TF7100P-M7」。両チップセットの違いは統合VGA機能のGPUクロックのみで、「GeForce 7150」+「nForce 630i」が630MHz、「GeForce 7100」+「nForce 630i」が600MHzとなる。
 ちなみに最下位モデル「Geforce 7050」+「nForce 610i」とはスペック的に大きく異なり、FSBが1066MHz→1333MHz、DDR2-667→DDR2-800、HDMI/DVIのサポートなし→HDMI/DVIのサポートあり、HDCPサポートなし→HDCPサポートあり、100TXイーサネット→ギガビットイーサネット、統合VGA機能のGPUクロック500MHz→630MHz/600MHzなどが挙げられる。

パッケージ スペック
「Geforce 7050」+「nForce 610i」とはスペック的に大きく異なり、FSBが1066MHz→1333MHz、DDR2-667→DDR2-800、HDMI/DVIのサポートなし→HDMI/DVIのサポートあり、HDCPサポートなし→HDCPサポートありなど

 「TF7150U-M7」と「TF7100P-M7」は搭載チップセット以外のスペックは共通で、シンプルなmicroATXマザーボードといったところ。拡張スロットはPCI Express x16×1、PCI Express x1×1、PCI×2、メモリスロットはDDR2 DIMM×2(シングルチャンネルDDR2-800、最大4GBまで)。オンボードインターフェイスが、VGAやギガビットイーサネット(Realtek/RTL8111B)、8chサウンド(Realtek/ALC888)、Serial ATA×4(RAID 0/1/0+1/5対応)、IDE×1など。I/O部にはD-Subのほか、DVIとHDMIポートが搭載されている。価格は「TF7150U-M7」がアークで1万480円、TWOTOP秋葉原本店で1万1480円、「TF7100P-M7」がアークで8880円、ドスパラ本店で1万1280円となっている。

基板 I/O部
「TF7150U-M7」と「TF7100P-M7」は搭載チップセット以外のスペックは共通。I/O部にはD-Subのほか、DVIとHDMIポートも搭載されている

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中