このページの本文へ

2007年05月24日更新

エンジニアになりたい! ネットワークエンジニアで未経験転職を成功させる

ネットワークインフラのスペシャリストである「ネットワークエンジニア」は、いまや企業の情報化に不可欠な存在だ。通信網の提案や設計、構築をはじめ、保守管理、不正アクセスからの安全確保まで、さまざまな業務を担うことになるだけに企業の期待は大きく、未経験からの転職にもチャンスがあるという。そこで、この分野における転職見通しと、求められている職種・人材を、インテリジェンス人材紹介事業部の中野聡さんに聞いた。

中野聡さん 株式会社インテリジェンス 人材紹介事業部 IT第4グループ マネジャー

中野聡さん
株式会社インテリジェンス
人材紹介事業部 IT第4グループ マネジャー

この職業の天気予報!

快晴

運用管理


構築・設計、要件定義


今 求められる人材とは?

  • 運用管理のネットワークエンジニアは未経験でもOK
  • コミュニケーション能力が高い人
  • 与えられたルーチンの仕事をこなしていくだけの人は不向き
  • ステップアップしていこうという志のある人

ネットワークエンジニアの年収相場は?

  • 運用管理 300~500万円
  • 構築・設計 500~700万円
  • 要件定義 600~800万円

ネットワークエンジニアとして必須のファーストステップとは

 ネットワークエンジニアの仕事は、その業務の工程から4つに大別されています。これを経験の浅い人からできるフェーズの順に並べると、「運用管理」「構築」「設計」「要件定義」となります。

 運用管理は、障害の対応や導入後の効果検証、顧客からの問い合わせ対応などを行なう仕事で、ユーザーのニーズを直接的に知ることができる職種です。そのため、たいていのネットワークベンダーやキャリアは採用したネットワークエンジニアに対して、必ず最初に運用管理を経験させます。花形である構築や設計に憧れる転職志望者が多いですが、ネットワークエンジニアとして長く働いていくには、必ず運用管理を経験する必要があると言えますね。運用管理は、ネットワークエンジニアの入り口なのです。

1 2 3 4
キャリア連載バックナンバー
採用を勝ち取る転職必勝マニュアルバナー

おすすめ連載

組み込み系エンジニア特集

今さら聞けないIT英語

エンジニアライフ

資格試験対策

プロマネ・スキル

ビジネススキル

独立起業事例集

キャリア・コーナー紹介