このページの本文へ

【フォトレポート】ワンダーフェスティバル2007 [冬]

ブースからあふれる人波が燃えに萌えまくった!  長門有希役の茅原実里ライブ!

2007年02月27日 16時45分更新

文● 藤山 哲人

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 25日に東京ビックサイトで開催された“ワンダーフェスティバル2007 [冬]”をいちばん熱くしたものは、これ以外のナニモノでもないっ! テレビアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」長門有希役を演じた声優の茅原実里ライブだ!

茅原実里さんスモークの影から現れた茅原実里さんに、会場は大歓声!

 「涼宮ハルヒの憂鬱」は、ほぼ1年前にオンエアされたアニメだが、昨年12月末日のコミケレポートにある「イタ車特集」においても、多くの熱狂的なマニア達に支えられていることが分かる。ここまで人気が長続きするアニメは昨今稀に見ず、ブームと言うよりは、劇中の“HARUHI ISM(ハルヒ主義)”にあったように、ツンデレ文化としてオタク界に定着しまった感すらある。

ツンデレ最新事情

はじめはツンツンした女の子が、後の主人公に好意を抱くようになりデレデレするキャラクターの総称。最近は複雑化し、ツンデレツンやらツンツンデレ、複数のキャラクターがツンとデレを演じるなどがある。

 ちなみに「涼宮ハルヒの憂鬱」のDVDボックスはバカ売れし、原作の小説も売れまくり。角川書店の懐を温めるホカロンとなっているらしい。かたやアニメーション製作に携わった京都アニメーションは、単なるアニメスタジオなのに通称“京アニ”ファンを増大させ、オリジナルキャラクターデザインのいとうのいぢ氏はエロゲー原画氏(小説の挿絵以外のお仕事もしているのだ)の神として祭られるほどになっている。
 なによりファンを虜にしたのは、劇中のキャラクター。傍若無人っぷりで利己主義の主人公、涼宮ハルヒは話題の“ツンデレ”のツン役を演じ人気沸騰。そして、ロリキャラで“デレ”を演じる朝比奈みくるとファンを奪い合う。今回ワンフェスでライブを行った茅原実里さんが演じるは、エヴァンゲリオンの綾波レイに通じる“ダウナー”系キャラ長門有希だ。感情のない極端に短いセリフで、周りの空気をすべて“ドヨ~ン”とダウンさせるキャラである。が、しかーし! 綾波と同様に熱狂的な信者を多く持っているのだ。

ステージMagnum渡辺氏から新作フィギュアの製作裏話なども。スクリーンに映っているのが、涼宮ハルヒ、朝比奈みくる、長門有希

 そんなキャラクターを演じる茅原実里ライブとあって、特設ブースはステージ開始30分前からほぼ満席。舞台が始まるころには数百人規模で人が集まり、スタッフがローブからはみ出る人波を整理するのに大あらわになっていた。
 そこにスモークの向こうから茅原実里さんが現れると、会場のマニア達からは雄叫びが湧き上がる!

「ごおおぉぉぉ~~~」

 あまりの観客数に「オー」という声は共鳴し合い、「ゴー」というノイズに聞こえるほどだ。そして、歓声に込められたファンの熱気は衝撃波となってステージを揺らしたのだ。

萌えるステージ 萌えるステージ
女性ファンも男性に負けじとエールを送る! ビートの効いた曲にスモークと照明の演出も合って、燃える者、萌える者多数!!

 ライブをで熱唱したのは「雪、無音、窓辺にて。」「純白サンクチュアリィ」「Peace of mind~人魚のささやき」の3曲。渾身の力をこめてペンライトを振りまくるマニアに、飛び跳ねて踊るマニアも現れ、燃えに萌えまくったミニライブとなった。

熱唱する茅原実里さん。長門もいいがホンモノもカワイイし唄うまいし。ステージのかぶりつきで見られる記者って役得!役得!!

 曲の合間のトークでは、生で長門有希を演じてみせる。ステージはエアコン音が耳に届くほど静まりかえり、ボソリと一言。

「だめ」

 静かなステージは一気に、ヒートアップし

「ごおおぉぉぉ~~~」

 という歓声で包まれる。たった2文字のセリフでも、重さが違うのだよ。重さが!
 途中でステージは「涼宮ハルヒの憂鬱」のフィギュアを製作している有限会社マックスファクトリー代表のMagnum渡辺氏も加わり、よりいっそう濃いトークとなる。氏もまた茅原実里さんの個人的なファン。読者のみなさんが“ポカ~ン”とするほど濃い内容が語られたが、ここでは割愛しよう。しかしその熱意は、製作中の長門有希のフィギュアの原型が完成したにも関わらず、“顔がイマイチ”という渡辺氏の一声で、原型を作り直したことが語られた。

渡辺氏の参加渡辺氏の参加で、より濃縮度が高まるトークにマニアは爆笑!

 こうして30分のミニライブは幕を閉じたが、歌声に魅了されたファン達は、熱気も冷めなやらぬまま再び美少女フィギュアを買い求めに、東京ビックサイト東館に消えていったのである。

カテゴリートップへ

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

水着美女×ガジェット=大正義

ピックアップ

デル株式会社