このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ”第588回

キヤノンのミラーレス一眼・EOS Rは猫を撮るのに最適か?

2018年12月04日 12時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

キヤノンのフルサイズミラーレス一眼
「EOS R」で冬の猫を撮影

 さてさて、秋の新製品で猫を撮るシリーズもそろそろ終わりってことで、とうとうアレです。キヤノンのフルサイズミラーレス一眼「EOS R」。これでソニー、ニコン、キヤノンとフルサイズミラーレス一眼が揃ったわけである。

高いところから上から目線で見下ろす猫。いや、わたしがわざわざ見下ろされにいったのだが、ちゃんと見下ろしてくれたのはエラい。2018年11月 キヤノン EOS R

 そんなEOS R、ミラーレス一眼としてはちょっと大ぶりだけど、グリップはしっかりしてて、ミラーレス一眼ならではの操作系も取り入れててなかなかの意欲作。特に同時に出たレンズが「24-105mm」ってのがいい。これ1本あればしばらく楽しめるってほどの使い勝手だから。

EOS RとRF 24-105mm F4。頭の丸みがEOSっぽいデザイン

 とりあえずこのレンズ1本でお散歩である。そして見つけたのがこれ。おうちの2Fに猫がちょこんと座ってる、と思ったら、その横からちょっかいを出してる黒いヤツが。

最初に目に入ったのは烏。なぜあんなとこにカラス? と思ったら、その横に猫がいたのだった。遠くからそっと撮影。2018年11月 キヤノン EOS R

 このカラス、ぴょんぴょんと猫に近づいては、また後ろに下がりって感じで明らかにちょっかいをかけてる。猫はといえば、そちらをじっと見たまま身動きせず。

 若い猫だったら挑発に乗ったかもしれないけど、泰然自若として動かないのがいい。いや動けないのか。

 で、このあとどうかなるかなと遠くから見てたが、特に何がおきるわけでもなく、カラスが去っていったので、近寄って見るとハチワレのチャトラだった。

猫の後ろが青空だけ(まあ電線もあるけど)、って撮れそうで撮れないシチュエーション。背景の電柱がいい感じにぼけてくれたのがまたよし。2018年11月 キヤノン EOS R

 陽射しがあたって暖かくて誰にも邪魔されないよい場所で昼寝、と思ったらまさかのカラスに邪魔されて不機嫌、って感じ。この猫をさらに近づいて下から見上げて撮ったのが冒頭写真。

 お次は逆光で日向ぼっこ中の貫禄猫。実は猫が寝ていたので、「お、撮ろう」とバッグからカメラを出して準備してたらいきなりトコトコとこっちへやってきたのである。

 ぷくぷくしためちゃ人なつこい猫で、人を怖がらないどころか、撫でろといってくる始末。しまいには道路の隅でもたれかかって日向ぼっこをはじめたので、後ろからそっと這いつくばって撮影。よく見ると……道路脇の段差が身体に食い込んでる。ぷくぷくしてるせいですな。体重、重そうでしたもの。

逆光でこれだけきれいに撮れるのは、さすがフルサイズミラーレス。背中ごしに顔をふっと上げた瞬間を狙って撮影。2018年11月 キヤノン EOS R

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン