このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

T教授の「戦略的衝動買い」第507回

世界最小の4G防水スマホ「Atom」を衝動買い

2018年11月14日 12時00分更新

文● T教授、撮影● T教授、編集●南田/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
極小4G LTEスマホの「Jelly Pro」(左)に続いてタフネス機「Atom」も衝動買い。一回り大きくて重いがその価値はありそう

世界最小のDSDS対応4Gスマホが
防水&タフネス仕様で登場

 今年の初めころだったか、たった70gの手のひらでニギニギ出来る技適取得版の4Gスマホ、Unihertzの「Jelly Pro」を衝動買いしてしまった。そして1年もしないうちに、今度はよりスペックが強化され、防水(IP68)でタフネス構造の「Atom」を手に入れた。

 今回も、いつものようにクラウドファンディングに出遅れた筆者は、最速でAtomを手に入れた知人が譲ってくれたのだ。

 シンプルな小さな黒いパッケージに入ったAtomは前回のJelly Proとは異なり、SIM交換のたびに裏ブタをこじ開ける三角オープナーがなくなり、その代わりブランドロゴの入った専用ストラップが付いてきた。Unihertz社も来る日も来る日も開発に追われる日々よりは、多少は余裕のある状況なのかもしれない。

Jelly Proの白箱に対して、タフで強靭そうな印象を持つAtomの黒箱 Jelly Proの白箱に対して、タフで強靭そうな印象を持つAtomの黒箱
今回はSIMプッシュトレイを採用したのでJelly Proの時のような裏ブタをこじ開ける三角オープナーはない。その代わり本体と同系のブラッキーなストラップが付属 今回はSIMプッシュトレイを採用したのでJelly Proの時のような裏ブタをこじ開ける三角オープナーはない。その代わり本体と同系のブラッキーなストラップが付属

 Atomの詳細なスペックは、Unihertz社のウェブサイトや先人のブロガーさんなどが公開しているサイトのサマリーで確認して頂くとして、今回のAtomはCPUやストレージ、カメラ機能が大きく強化され、バッテリー容量も倍増、指紋認証によるアンロック機能もできる現代的な極小スマホに成長した。

カラーの差もあるが、正面から見てもJelly Proより一回り大きくごつくなったAtom(右) カラーの差もあるが、正面から見てもJelly Proより一回り大きくごつくなったAtom(右)
本体の厚さもかなり厚いAtom(右)。手のひらで持った時にどうだろうか? 本体の厚さもかなり厚いAtom(右)。手のひらで持った時にどうだろうか?

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン