このページの本文へ

マイクロソフトの共同創業者、ポール・アレン氏死去

2018年10月16日 17時45分更新

文● ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 マイクロソフトをビル・ゲイツ氏と創業するなど、コンピューター業界に大きな貢献を果たしたほか、NFL シアトル・シーホークスのオーナーとしても知られるポール・アレン氏(Paul Gardner Allen)が亡くなったことがわかった。

 アレン氏は1953年、シアトルの生まれ。シアトルの名門私立校であるLakeside Schoolで、2歳年少のゲイツ氏と知り合い、ともにコンピューターに熱中する。大学中退後はハネウェルに勤務。ハーバード大学に進学していたゲイツ氏を説得して、1975年にマイクロソフトを創業する。

 マイクロソフトでは、1980年にDOSの元になる技術の買収とIBMへの売り込みに成功。大きな富を得ることになる。一方で1982年からは闘病生活を開始し、マイクロソフトを退社。一度は復帰するものの再び離れている。

 その資産を活用した行動でも広く知られており、母校のワシントン州立大学をはじめ、科学技術や医療などへ多数の寄付や出資をしている。また、歴史的な兵器への興味も深く、戦艦武蔵の発見でも話題となった。

 スポーツ好きでも知られ、1997年はNFLの地元チーム、シアトル・シーホークスのオーナーに就任。新スタジアムの建設にも携わり、2014年にはついにチーム初のスーパーボウルリングも獲得している。


■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン