このページの本文へ

SteelSeries「Arctis 3 2019 Edition」、「Arctis 5 2019 Edition」、「Arctis 7 2019 Edition」

SteelSeriesの人気ゲーミングヘッドセットがバージョンアップ

2018年09月29日 23時44分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 SteelSeriesの人気ゲーミングヘッドセット「Arctis」シリーズから、改良版「Arctis 2019 Edition」シリーズが発売された。

人気ゲーミングヘッドセット「Arctis」シリーズの新モデル「Arctis 2019 Edition」

 発売されたのは、アナログ接続の「Arctis 3 2019 Edition」、アナログ/USB接続に対応する「Arctis 5 2019 Edition」、アナログ/USB/ワイヤレス接続に対応する「Arctis 7 2019 Edition」の計3モデル。

 、浅すぎてスピーカーに耳が当たってしまうというイヤークッションの厚みを2mm増したほか、より低域のサウンドが出るようにアップデート。「DTS Headphone: X v2.0」(Artis 3は非対応)に標準対応したほか、イヤーカップに搭載されているコントロールダイアルの操作性を向上。ヘッドバンドをArctis Proのデザインを基に変更し、以前より大きめの頭のサイズや形状に対応させた。

インターフェイスが3極3.5mmプラグから4極3.5mmプラグに変更されている「Arctis 3 2019 Edition」イルミネーションを廃止し「DTS Headphone: X v2.0」に標準対応した「Arctis 5 2019 Edition」

 なお、「DTS Headphone: X v2.0」については、SteelSeries Engineを通じたアップデートにより、既存の「Arcits 5」「Arctis 7」は対応する。

「Arctis 7 2019 Edition」。「DTS Headphone: X v2.0」標準対応のほかオートシャットダウンまでの待機時間設定が調整可能になった

 価格は「Arctis 3 2019 Edition」が9234円、「Arctis 5 2019 Edition」が1万1955円(ホワイトは後日発売)、「Arctis 7 2019 Edition」は1万8468円。「Arctis 3 2019 Edition」と「Arctis 5 2019 Edition」については、旧モデルより販売価格が下がっているのもポイントだ。

 パソコンショップアーク、ツクモパソコン本店、ツクモDOS/Vパソコン館、TSUKUMO eX.で販売中。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中