このページの本文へ

LightningでiPhoneをミラー表示できるポータブルプロジェクター

2018年08月11日 10時00分更新

文● 鈴鹿 廻

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Lightningケーブルで接続するだけでiPhoneの画面をミラーリング表示できるポータブルプロジェクター「CPMB-150SGD」がJ's celectia SHOWROOMにてサンプル展示中だ。来週中に発売予定で、予価は3万9800円(税抜)。

手のひらサイズのコンパクトなプロジェクター。ノーブランド扱いの製品だが、簡単にiPhoneをミラー表示させる便利機能を搭載している

 いつも充電・同期に使っているLightningケーブルで接続するだけで、iPhoneの画面を簡単に投影できるプロジェクター。電源なしに使えるバッテリー内蔵モデルで、iPhoneと一緒に持ち歩ける手のひらサイズな点もグッドだ。

 背面にはHDMI入力などと並び、USBソースを接続可能なUSBポートを搭載。ここにLightningケーブルでiPhoneを接続し、メニュー画面で選択するだけで、手軽にiPhone画面を投影できる。

HDMI入力に加えてUSBポートも搭載。Lightningケーブルを接続するだけで、iPhoneの画面をそのまま投影できる

 TI製チップを採用したDLP方式のプロジェクターで、明るさは100ルーメン。画面解像度は854×480ドット、コントラスト比は1000:1とされる。DC入力による給電で動作するが、内蔵の4000mAhバッテリーによる電源レスの動作にも対応している。

 なお、ショップによれば「Youtube動画やゲーム画面などが投影可能だが、著作権保護されたコンテンツなどは再生できない」とのこと。動きの速い動画の場合は多少のラグもあるようだが、一般的な利用では問題なさそう。ビジネス用途にも活躍してくれそうだ。

製品にはミニ三脚が標準で付属するほか、同店オリジナルのアクリススマホスタンドがプレゼントされるという

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン