このページの本文へ

発送予定は2018年8月下旬

先行予約開始、エンポリオ アルマーニのWear OS新スマートウォッチ

2018年08月10日 13時10分更新

文● 飯島恵里子/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Wear OS by Googleタッチスクリーンスマートウォッチ ART5006

 エンポリオ アルマーニが7月16日(イタリア時間)に発表した、Emporio Armani Connectedのタッチスクリーンスマートウォッチの新作ラインの先行予約が、ZOZOTOWNで開始した。発送予定は2018年8月下旬。

ART5006 ケース、バンド素材はステンレススチール。ケース径は43mm、価格は6万480円

 同ブランドの2シリーズ目になるWear OS by Googleのタッチスクリーンスマートウォッチは、クアルコム Snapdragon 2100搭載、1.19インチのAMOLEDディスプレーは前シリーズと同じだが、心拍センサー、GPS、水泳も可能な耐水性をもつスペックとうたう。

ケース裏に心拍センサーを搭載

 現時点では日本での対応は未定だが、Google Payを使用したスマートウォッチを介したショッピングの決済が可能。中国ではAlipayに対応するという。

 またGoogleアシスタントに対応し音声検索、天気やナビ、タイマー設定などをサポートする。

 ファッションブランドのスマートウォッチが、デザイン面だけではなく心拍センサーやGPSを搭載し、着用者のヘルスケアやフィットネスの領域に攻め入ったという点は、Wear OSのエコシステム発展の意味でも今後の動向に注目したい。


●主な仕様
ケース素材:ステンレススチール
ケース径:43mm
バンド素材:ステンレススチールまたはラバー
防水:スイムプルーフ
その他の特徴:AMOLEDディスプレー、心拍センサー、GPS、Google Pay(2018年8月時点では日本対応未定)


タッチスクリーンスマートウォッチは、好みに応じてウォッチフェイスを変更できるのが大きな魅力だ。洗練された大人のラグジュアリーを感じさせる、エンポリオ アルマーニのウォッチフェイスはEmporio Armani Connectedブランドだけ利用できる

カテゴリートップへ