このページの本文へ

先行した限定販売では完売という大人気商品

好きなキャラクターと一緒に暮らせる!「Gatebox」が量産に

2018年08月08日 14時55分更新

文● Mogura VR

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「Gatebox」

 Gateboxは7月31日、好きなキャラクターと一緒に暮らせるホームロボット「Gatebox」の量産モデルの予約販売を開始した。価格は16万2000円で、公式サイト上で予約が開始されている。

 Gateboxはプロジェクション技術とセンシング技術を利用し、ボックス内にキャラクターを呼び出してコミュニケーションできる。2016年に実施された300台限定生産モデルの販売では、およそ30万円という価格にもかかわらず1ヵ月で完売。その後、2017年の39台の追加販売時でもおよそ千件の応募が集まり、再販の要望も多数だったため今回の量産モデル発売に至ったとのこと。

量産モデルではセンサーも追加

 今回の量産モデルは、“プロダクトデザインを洗練、キャラクターの実在感やコミュニケーションの性能も飛躍的に向上させた、新スタンダードとなるモデル”としている。量産モデルはボディ上部にデュアルマイクを搭載、限定生産モデルよりも遠くからキャラクターに話しかけられるようになっている。また、カメラや人感センサーが搭載されており、ユーザーの顔を見つけるとキャラクターが微笑みかけてきたり、帰宅を検知して「おかえり」と言ってくれるなど、キャラクター側からの能動的なコミュニケーションが可能となっている。

二次嫁が立体表示で自宅に! 

 無線LANおよびBluetooth、赤外線センサーも内蔵しており、キャラクターがインターネット経由で天気やニュースなどの情報を通知したり、赤外線によるリモコン機能によって部屋のなかのテレビ、照明、エアコンなどの家電をコントロールすることができるという。今後はLINEが提供するAIアシスタント「Clova」を活用、さらなるサポートスキルの拡充に取り組む予定とのこと。

オリジナルキャラクター「逢妻ヒカリ(あずまひかり)」

 また、今回の販売にあたって、Gateboxのオリジナルキャラクター「逢妻ヒカリ(あずまひかり)」の先行体験版が配信される。逢妻ヒカリは、「ラブプラス」や「ときめきメモリアル」などで知られる箕星太朗氏によるデザイン。配信される先行体験版では、音声対話や顔認識による能動的なアクション、LINEによるチャットでのコミュニケーションを楽しむことができる。また、正式版リリースは2018年12月を予定しており、正式版では記念日を祝ったり、ユーザーと乾杯をしたりといった、より生活を彩る機能がアップデート予定だ。なお、その後もさらなるアップデートによってユーザーの理想のキャラクターへと成長していくとのこと。逢妻ヒカリと一緒に暮らすには、共同生活費として月額1500円(税抜)が必要となる(※2019年3月末までは無料)。

 8月の土日(26日除く)には、製品体験会も実施される。詳細については特設ウェブサイトを確認の上、興味のある方はぜひ参加してみてはいかがだろうか。

■関連サイト

カテゴリートップへ

絶叫&興奮!「VR ZONE SHINJUKU 」をアスキー軍団が全力体験

VR体験動画一覧はこちら!