このページの本文へ

鬼太郎や目玉おやじ、ねこ娘に会える

「ゲゲゲの鬼太郎」50周年記念、VRやARで世界を体験

2018年08月31日 15時35分更新

文● Mogura VR

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「ゲゲゲの鬼太郎 魂とアート」

 東映アニメーションは、Gugenkaおよびダイナモピクチャーズと共に「ゲゲゲの鬼太郎」50周年記念のデジタルアートプロジェクト「ゲゲゲの鬼太郎 魂とアート」を発表した。「ゲゲゲの鬼太郎」の世界に入り込めるVRアプリやARでキャラクターたちを等身大サイズで配置できるARフィギュアなどをリリースする予定。東映アニメーションが監修を行なう。

 Gugenkaは、妖怪の世界に迷い込んでしまったユーザーが「目玉おやじ」に導かれ、「ゲゲゲの鬼太郎」でお馴染みのキャラクター達に出会いながら元の世界を目指すVRアプリ「魂の送り火」を開発中とのこと。VRアプリは、レノボの一体型VRヘッドセット「Lenovo Mirage Solo」に対応しており、2018年9月に開催される「東京ゲームショウ2018(TGS2018)」のGugenkaブースにて先行体験イベントを開催予定となっている。

「魂の送り火」

 また、Gugenkaが配信する3DCGのフィギュアを飾れるスマホARアプリ「HoloModels」を使用し、ユーザー参加型のARアートを行なうという。HoloModelsでは3DCGのフィギュアを等身大サイズにしてARで現実空間に設置。ポーズや表情を自由に設定し、キャラクターが目の前にいるかのようにARフィギュアを飾ることができる。

HoloModelsによりキャラクターのAR表示も可能

 ゲゲゲの鬼太郎のARフィギュアを使用することによって、ユーザーの生活のすぐそばにいる妖怪たちの気配が表現されている。「鬼太郎」、「目玉おやじ」、「ねこ娘」、「ぬりかべ」、「一反もめん」などの3DCGフィギュアは今秋より順次発売予定という。

©水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
©Dynamo Pictures
©Gugenka®

カテゴリートップへ

絶叫&興奮!「VR ZONE SHINJUKU 」をアスキー軍団が全力体験

VR体験動画一覧はこちら!