このページの本文へ

ケーブル一体型の「ESD-ECシリーズ」にも480GBが登場

エレコム、名刺サイズで最大480GBのポータブルSSD 「ESD-EDシリーズ」

2018年08月07日 14時20分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「ESD-EDシリーズ」、120GB/240GBモデルは3色が用意され、480GBモデルは黒のみとなる

 エレコムは8月7日、名刺サイズの外付けポータブルSSD「ESD-EDシリーズ」を発表。8月下旬に発売する。

 およそ幅93×高さ54×奥行き9mmと携帯に便利な小型サイズ。容量は120GB/240GB/480GBの3製品が用意される。インターフェースはUSB 3.1(Gen1)。120GBモデルは読み出し最大300MB/s、書き込み最大50MB/s、240GBと480GBモデルは読み出し最大300MB/s、書き込み最大200MB/sの高速データ転送が可能。

 価格は、120GBモデルが8996円、240GBモデルが1万6632円、480GBモデルが2万6352円。

「ESD-ECシリーズ」

 同時に、USBケーブル一体型の外付けSSD「ESD-ECシリーズ」にも、既存の120GBと240GBに加えて480GBモデルが発売される。USBケーブルを側面に収納できるデザインを採用し、インターフェースはUSB 3.1(Gen1)。価格は2万8879円。

カテゴリートップへ

エレコム公式FBページ

プレスリリース