このページの本文へ

エレコム、ケーブル一体型のポータブルSSD「ESD-ECシリーズ」

2018年03月06日 16時10分更新

文● まぶかはっと/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 エレコムは3月6日、ケーブル一体型のポータブルSSD「ESD-ECシリーズ」を発表した。価格は120GBのモデルが1万3608円で、240GBが2万1935円。発売は3月下旬からで、ブラック、レッド、ホワイトの3色を用意する。

 最大読み込み速度は410MB/s、最大書き込み速度が400MB/s と、同社の従来モデルの外付けHDDと比べると約4倍のデータ転送を実現しているという。外付けHDDと比べ、高速なデータ転送速度が可能なので、大容量データのコピーや移動でもストレスがなく、業務の効率アップを期待できるという。

 ケーブルは本体に収納可能。USBバスパワーで駆動する。本体表面はヘアライン加工とラグジュアリー塗装仕上げを施し、アクセス状態がわかるLEDランプを装備している。

 同社のパスワード自動認証機能付きセキュリティーソフト「PASS(Password Authentication Security System)」が使用でき、指定したパソコンで一度パスワードを設定すると、二度目からパスワード入力をすることなくデータを保護できる。未登録のパソコンに接続した場合、パスワード入力を要求するため、盗難や紛失時のデータ漏えいを防止するという。

カテゴリートップへ

エレコム公式FBページ

プレスリリース