このページの本文へ

ミキラボ 子どもと一緒に楽しむ3分科学第12回

500円で子供と作れる太陽光を使ったアクセサリー

2018年07月30日 11時30分更新

文● 五十嵐美樹

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 今回は、100円ショップの材料だけで簡単に作ることができるオリジナルアクセサリーの作り方をご紹介します。実は、太陽光との反応を利用して作ることができるんです。

 身近な材料で自分だけのアクセサリーを作って学び、一緒に楽しんでいきましょう!

100円ショップで購入するもの

・UVカラーレジン液
・型
・ストラップ
・お好みの飾り付け(ラメ、シールなど)
・透明カップ

100円ショップで購入するもの

 ※今回は、すべてザ・ダイソーで購入しました。取り扱いのない店舗もあります。確認のうえご購入ください。

オリジナルアクセサリーの作り方

 型にシールを貼ったりラメを振りかけたりして、オリジナルの飾り付けをします。

型にラメやシールで飾り付けをする

 飾り付けをした型に、UVレジン液をゆっくり満杯になるまで流し込みます。流し込むときに泡ができる場合は、先のとがった鉛筆やつまようじなどで泡をつぶすときれいに仕上がります。

型にUVレジン液を流し込む

 型に透明カップをかぶせてゴミが入らないようにして、太陽光に当てます。かたまるまでの時間は、気象条件や紫外線の強さ・型の大きさなどにより異なりますが、5分から30分が目安です。

 UVレジン液がかたまったら、型にストラップを取り付けます。これでオリジナルアクセサリーの完成です!

オリジナルアクセサリーの完成

なぜ太陽光でアクセサリーが作れたの?

 アクセサリーの型に流し込んだUVレジン液は、紫外線に当たるとかたまる性質があります。太陽光には紫外線が含まれるので、UVレジン液がかたまったんです!

 今回のアクセサリーは100円ショップの材料で簡単に作れるので、ぜひ皆さんもお家で作ってみてくださいね!

 注意事項 ・今回使用した飾りや作ったアクセサリーは小さいため、飲み込んだりしないように注意してください。
・小学生など低年齢の子どもが実験するときは、必ず保護者の指導のもとで実施してください。

カテゴリートップへ

この連載の記事
ピックアップ