このページの本文へ

「AWS Activate」の利用を始めた企業には最大1年間のライセンスを提供

トレンドマイクロ、AWSを新たに利用するスタートアップに「Trend Micro Deep Security as a Service」を無償提供

2018年07月25日 18時40分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「Trend Micro Deep Security as a Service」

 トレンドマイクロは7月25日、アマゾン ウェブ サービス(AWS)のスタートアップ企業向けパッケージ「AWS Activate」を利用する企業に「Trend Micro Deep Security as a Service」を無償提供すると発表した。

 AWSでは、クラウドインフラのセキュリティー対策をAWSが行ない、クラウド上で利用するデータやホスト自体への外部からのサイバー攻撃はユーザーの責任となる。トレンドマイクロでは、クラウド上のデータやホストの安全性をより高いセキュリティーレベルで確保するためには、不正プログラム対策やIPS/IDS、変更監視などのセキュリティー対策をユーザーが講じる必要があるとして、サーバー向けクラウド型セキュリティーサービスのTrend Micro Deep Security as a Serviceを最大1年間無償で利用できるように提供。

 対象となるのはAWS Activateを利用している企業、AWS Activateの利用申込から2年以内。提供するのは4ライセンス(4サーバー)となる。

カテゴリートップへ

ピックアップ