このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

東京ゲームショウ2018レポート第7回

PS4ゲームもPCゲームも持ち運ぶ時代へ

激遅HDDからの解放!ポータブルSSD「T5」をPS4 Proの外付けストレージに使ってみた

2018年07月13日 10時00分更新

文● 飯島範久 編集●ジサトライッペイ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ゲーム専用機はPCに比べて拡張性が低いと思われがちだ。しかし、実はPS4やPS4 Proはあらかじめストレージの換装ができる仕組みが用意されている。公式サイトには換装方法が公開され、換装しても保証が継続されるようになっている。

 内蔵HDDを換装してストレージ容量を増やしたり、アクセス速度を上げたりすることで、より快適なゲームプレイ環境を目指すのもひとつの方法だが、今回オススメしたいのが、ポータブルSSDを使った外付けストレージの活用だ。PS4やPS4 ProのUSB 3.0端子を使えば、超お手軽に内蔵HDDをSSDに換装したときと遜色ないアクセス速度を実現できるのだ。

ユービーアイソフトの「ファークライ5」でも効果は絶大!

 Samsungの「Portable SSD T5」は、Samsung V-NANDフラッシュメモリーとUSB 3.1 Gen2インターフェースを備え、最大毎秒540MBの転送速度を実現している。PS4やPS4 Proの外付けストレージだけでなく、PCでの利用でもオススメしたいポータブルSSDだ。今回はこの製品を使ってPS4 Proの外付けストレージ活用を中心に紹介していこう。

今回検証に使用したSamsungの外付けSSD「Portable SSD T5 MU-PA500B/IT」(500GB)。実売価格は1万9800円前後。

持ち運ぶのに最適な重量51gの小型高速SSD

 Portable SSD T5(以下、T5)のサイズは74(W)×57.3(H)×10.5(D)mmと名刺よりも小さく、重さも51gと非常に軽量。HDDと違い可動部品を持たないため、落下しても安心。高さ2メートルから落としても問題ない耐久性で、持ち運びには最適だ。

 容量は250GBと500GB、1TB、2TBの4モデルをラインアップする。本体カラーは250GBと500GBはブルー、1TBと2TBはディープブラックだ。付属するケーブルは「USB Type-C to C」と「USB Type-C to A」の2種類があり、PCやPS4/PS4 Proはもちろん、Androidスマホでも使える。

 実際にPCへ接続して「CrystalDiskMark 6.0.1」による読み書き速度をチェックしてみた。検証したPCのスペックは、CPUがCore i7-8700K、マザーボードはASRock のZ370 Taichi(Intel Z370)、メモリーは16GB(DDR4-2666、8GB×2)、ストレージは970 EVO (250GB SSD)だ。USB 3.0とUSB 3.1 Gen2で比べたところ、USB 3.1のときシーケンシャルリードで公称値(毎秒540MB)以上の毎秒555MBを記録した。

PCにUSB 3.0で接続して「CrystalDiskMark 6.0.1」で計測。
PCにUSB 3.1 Gen2で接続した結果。T5の真の力を発揮できるのはこちら。
「Portable SSD T5」の主なスペック。

前へ 1 2 3 4 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン