このページの本文へ

東京ゲームショウ2017レポート第18回

SamsungがTGSに出展、PUBG大会などでSSD採用

2017年09月22日 11時12分更新

文● ドリル北村/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 東京ゲームショウに初出展したSamsungは、同社のSSDを使ったゲーミングマシンをブースに数多く設置。ロード時間の短縮など、快適なゲームプレイにSSDが効果的であることを来場者にアピールしていた。

東京ゲームショウのSamsungブース
Samsung SSD搭載PCを使った試遊台を設置。自由に遊べるようになっている
試遊台でゲームをプレイすると巨大なガチャを1回引ける。中には32GBのMicro SDカードなど豪華景品が入っているのが確認できた
最新ポータブルSSD「T5」を展示週刊アスキーの小冊子も無料配布中だ

 21日には、Samsung SSD主催のPUBG大会が11ホールのイベント会場「e-Sports X」で開催された。ゲスト10人と会場内の40人のプレイヤーが同じ戦場でバトル。ドン勝(最後まで生き残ること)を競い合った。この会場のすべてのマシンでSamsung SSD 960 PRO M.2が使用されていた。

総勢50人が同時に戦ったSamsung SSD Presents「PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGRAUNDS」FESTIVAL Supported by DMM GAMES
実況動画などで人気の美人ゲーマーが多数参戦
真剣な眼差しでガチプレイ。普段動画では見られない豊かな表情も見られた

【関連サイト】

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中