このページの本文へ

音楽鑑賞に集中できる静粛性の高いHDDを採用

ネットワークオーディオサーバー「Soundgenic」に3TBカスタム仕様が登場

2018年06月20日 16時30分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「HDL-RA3HG」

 アイ・オー・データ機器は6月20日、HDD搭載ネットワークオーディオサーバー「Soundgenic」のハイグレードモデルとして3TBカスタム仕様の「HDL-RA3HG」を発表。6月末に発売する。

 高い静寂性能と電圧変動の抑制に加え、振動を極限まで抑えたWD製のAV向けドライブ「WD AV-GP」のカスタム仕様HDD(3TB)を搭載。樹脂筺体にも制振対策を施しており音楽鑑賞に集中できるという。

有線LANとUSBインターフェースを装備、USB端子はPCM/DSD形式でUSB-DAC出力できる。

 USB-DACと組み合わせることでネットワークオーディオプレーヤーとして利用でき。同社のオーディオブランド「fidata」を継承する機能により、CDリッピング機能やCDトランスポート機能、ハイレゾ自動ダウンロード機能など、PCがなくても音楽ファイル再生が楽しめるという。HGモデル限定機能としてWake ON LANをサポートし、iPadやiPhoneによりもfidata Music Appから本体の電源オン/オフが可能。

 有線LANおよびUSBポートを装備。本体サイズはおよそ幅168×奥行き134×高さ43mm、重量およそ1.3kg。価格はオープンプライス。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン