このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

振動・ノイズを徹底的に抑制

約40万円の超ハイエンドオーディオNAS誕生「fidata」

2015年10月01日 11時00分更新

文● 鈴木誠史/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ネットワークオーディオサーバー「fidata(フィダータ)」

 アイ・オー・データ機器は10月1日、ハイレゾ対応のネットワークオーディオサーバー「fidata(フィダータ)」を発表した。価格はHDD搭載モデル「HFAS1-H40」が34万5600円、SSD搭載モデル「HFAS1-S10」が39万9600円。10月1日から出荷を開始する。

 開発に3年間をかけ、筐体の材質から基板設計、部品の選択に至るまで「とにかく品質にこだわった」というハイエンド機。ブランド名のfidataは“信頼に値する”という意味のイタリア語に由来している。

SSD搭載モデル「HFAS1-S10」(左)と、HDD搭載モデル「HFAS1-H40」(右)。※写真は天板が外された状態

 厚さ4mmのアルミ天板と、厚さ2.3mm・重さ2.2kgのベース鋼板を採用。剛性を高め、重量を上げることで振動を徹底的に抑えるという。本体の重さはHFAS1-H40がおよそ7kg。HFAS1-S10がおよそ6kgだ。HFAS1-H40は本体とマウンターの間に樹脂を用いることでHDDの振動を抑える。

電源・基板部へ影響を及ぼすというストレージの放射ノイズを低減させるため、2つを分けたT字構造とした
2基のHDDのうち片方はあえて反転させて配置することで、ドライブ回転などによる動きを相殺させる天面・側面・底面の板は、和風家具などで使われる「先留め」という技法で接合させている
本体背面。USB端子、オーディオ用LAN端子、ネットワーク用LAN端子を搭載する

(次ページ、「回路設計や電源ユニットにもノイズを抑える工夫」)

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART