このページの本文へ

マイクロソフトがGitHubを75億ドルで買収

「GitHubはオープンプラットフォームのまま。基盤と新機能に投資」とサティア・ナディラCEO

2018年06月05日 11時00分更新

文● 羽野三千世/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 マイクロソフトは米国時間2018年6月4日、ソフトウェア開発向けソースコード管理サービスGitHubの買収を正式発表した。買収額は75憶ドル。マイクロソフトのSatya Nadella CEOは、「マイクロソフトはGitHubコミュニティの管理人になることを約束する。GitHubコニュニティは開発者ファーストの精神を保ち、独立して運営され、オープンプラットフォームのままである。常に開発者からのフィードバックを聞き、基盤と新機能の両方に投資する」と述べている。

 年内に買収を完了したのち、Xamarin創設者で現マイクロソフトVice PresidentのNat Friedman氏がGitHubの代表に就く。Nat Friedman氏は引き続き、マイクロソフト Cloud+AIグループ Executive Vice PresidentのScotto Guthrie氏に直属する。GitHub CEO/共同創業者のChris Wanstrath氏はマイクロソフトのテクニカルフェローに就き、同じくGuthrie氏に直属する。

左から、GitHub CEOのChris Wanstrath氏、マイクロソフト CEOのSatya Nadella氏、Xamarin創設者で現マイクロソフトVice PresidentのNat Friedman氏

開発者コミュニティの育成に専念する

 GitHub買収の目的について、Nadella氏は、「マイクロソフトは、最初の製品から現在提供しているプラットフォームやツールまで、開発者に焦点を合わせた企業だった」、「他社がテクノロジーを構築できるようにするためのテクノロジーの構築は、“地球上のすべての個人とすべての組織がより多くのことを達成できるようにする”という我々のミッションの中核である」と述べている。

 またNadella氏は、開発者が単独でできることより多くのことを達成できる「コミュニティの力を信じている」とし、「開発者は、共に協力し、コードを共通し、互いの作業をベースにして構築できたとき真価を発揮する。GitHub上ではすでに2800万人以上の開発者が協力している」と述べた。「我々は、コミュニティを育て、成長させることに専念する」(Nadella氏)。

MS営業チャネルでエンタープライズ開発者のGitHub利用を増やす

 買収後のGitHubの運営方針について、Nadella氏は、「GitHubは引き続き、あらゆる開発者が組み込み、拡張することができるオープンプラットフォームのままである。開発者は、自分のプロジェクトで好みのプログラミング言語、ツール、OSを使い続けることができる。そして、自分のコードをあらゆるクラウド、あらゆるデバイスにデプロイすることができる」と強調している。

 ビジネスにおいては、マイクロソフトの直販チャネル、パートナーチャネル、マイクロソフトクラウド/サービスへのアクセスを使って、エンタープライズ開発者のGitHub利用を促進し、GitHubを通じてマイクロソフトの開発者ツール/サービスを新たなユーザーへ提供していくとしている。

カテゴリートップへ

ASCII.jp特設サイト

クラウド連載/すっきりわかった仮想化技術

ピックアップ