このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

遊び心あふれるポップなウォッチフェイスが大人可愛い

マーク ジェイコブス初Wear OSスマートウォッチ「RILEY(ライリー)」発売

2018年06月05日 11時00分更新

文● 松下典子 編集●飯島恵里子/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
スポーツエレガンスなデザインに、ポップでレトロなオリジナルウォッチフェイスが可愛い

 マーク ジェイコブス ウォッチ初のWear OS by Google搭載のタッチスクリーンスマートウォッチ「RILEY TOUCHSCREEN SMARTWATCH(ライリー タッチスクリーンスマートウォッチ)」シリーズから、3モデルが6月5日に発売されます。

 タッチスクリーンスマートウォッチとは、スマートフォンのように液晶画面をタッチして操作して、さまざまな機能が利用できる腕時計型のウェアラブルデバイスです。機械式や電池式の腕時計とは異なり、スマホと同じようにUSBアダプターで毎日充電して使います。

ケースはポリッシュ仕上げのステンレス製。丸いプッシュボタンをひとつ、備える

 RILEYは、AndroidスマートフォンやiPhoneと接続して利用することで、スマホ側に届いた電話の着信やメールやLINE、Instagramの通知をディスプレーに表示したり、振動で知らせてくれます。また、ウォッチフェイス上に天気情報や日本以外の国の時刻、一日の活動量を表示したり自分好みにアレンジも可能。

ダブルJマークロゴの裏側のギボシをストラップの穴に留める。バックルがなく装着しやすい

 ラインアップは、ゴールドケース×ホワイトストラップ、ローズゴールドケース×セメントカラーストラップ、オールブラックの3モデル。シンプルでスポーティーなデザインなので、ジェンダーレスで利用できます。特にオールブラックのモデルは、男性にもオススメ。

 今回は、ローズゴールドのケースにセメントカラーのストラップの「MJT2001」を紹介します。サイズはケース径44mm、厚さ11mmと存在感がありますが、コロンと艶やかなローズゴールドのケースと、シックなセメントカラーのストラップがフェミニンで優しい印象です。ベルトは着脱のしやすいホール留めで、バックルの出っ張りがないため腕元がスッキリします。

前へ 1 2 次へ