このページの本文へ

チーム作業を加速する新しいオフィスのかたち

マイクロソフト、デジタルホワイトボード「Surface Hub 2」発表

2018年05月16日 14時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「Surface Hub 2」

 マイクロソフトは5月16日、同社ブログにてデジタルホワイトボード「Surface Hub 2」を発表した。

 オフィスでの共同作業に向けた4K表示の50.5型ディスプレーを搭載するタッチパネル端末。最大4台まで縦または横に並べて利用でき、4Kカメラや内蔵スピーカー、マイクアレイなどを使えばビデオ会議などにも利用できる。

最大4台のディスプレーを縦向きまたは横向きにタイリング (並べて利用) することができる

 年内に一部法人ユーザーを対象にテストを開始し、2019年の発売を予定しているという。

Microsoft Whiteboard、Power BI、PowerPoint、全画面のビデオ通話を同時に使用すればチーム作業は飛躍的に向上するとしている

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ