このページの本文へ

小さくておしゃれなAzure体験スペースで毎日イベントを開催

Azureの体験スペースが渋谷ヒカリエに誕生!「Azure Antenna」を見学してきた

2017年11月28日 18時00分更新

文● 羽野三千世/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
渋谷ヒカリエの8階にオープンした「Azure Antenna」。ギャラリーが並ぶおしゃれなフロアにある

 日本マイクロソフトは11月28日、Microsoft Azureの体験スペース「Azure Antenna」を渋谷ヒカリエの8階にオープンした。平日午前はAzure利用の無料相談窓口、平日午後は日替わりでワークショップ、ハンズオン、もくもく会などのイベントを開催する。

 渋谷ヒカリエといえば、流行やアートへの感度が高い若者向けのテナントが多く入った渋谷で最もファッショナブルな施設のうちの1つ。今回オープンしたAzure Antennaは、ギャラリーやミュージアムが並ぶ、ヒカリエの中でも特におしゃれなエリアに設けられている。

 Azure Antennaは、大人8人ほどで満員のこぢんまりとしたスペース。講師と参加者が近い距離で、少人数の体験型イベントを行うことを想定しているという。室内には、Surface Hub、Surface Studio、HoloLensといったマイクロソフト製のデバイスが展示されており、これらの実機を触りながらのアプリケーション開発も体験できるようになっている。

室内にはSurfaceやSurface Hub、Surface Studioが展示されている。最近出版されたCEO本もあった。HoloLens実機を触りながらアプリケーション開発のハンズオンもできる

スタートアップやコワーキングスペースに集まる人々がターゲット

 Azureの情報発信基地を渋谷に開設する狙いについて、日本マイクロソフト クラウド&エンタープライズビジネス本部 エグゼクティブプロダクトマネージャーの相澤克弘氏は、「渋谷には、100以上のスタートアップ企業、70以上のコワーキングスペースがある。そのような場所に集まる人々に向けて、Azureを体験して自身のビジネスにうまく取り入れてもらうスペースを作った」と説明した。

室内は定員8人ほど。少人数の体験型イベントに特化したスペースだ。

 同社では、Azure Antennaで毎日日替わりのイベントを企画し、年間2500人の参加を目標にする。開催イベントのスケジュールは公式サイトから確認でき、参加申し込みも同サイトから可能。

カテゴリートップへ

ASCII.jp特設サイト

クラウド連載/すっきりわかった仮想化技術

ピックアップ