このページの本文へ

スマホと連携できる新耐衝撃構造のG-SHOCK「MTG-B1000」

2018年05月10日 18時40分更新

文● まぶかはっと/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
MTG-B1000B-1A

 カシオ計算機は5月10日、新たな耐衝撃構造を採用し、小型・薄型化したG-SHOCK「MTG-B1000」2モデルを発表した。価格は「MTG-B1000-1A」が9万7200円で、ケース表面にブラックIP処理を施した「MTG-B1000B-1A」が10万8000円。発売は6月15日。

 MT-Gシリーズに採用している、耐衝撃構造「コアガード構造」が進化し、耐衝撃性が向上している。ベゼルと裏蓋を面状のパーツで連結して箱型のフレームを形成することで、耐衝撃性を高めているという。パーツの配置も組み替えたことで、小型化と薄型化を実現し、腕になじみやすいサイズに仕上げているとのこと。

 バンドには、柔らかく装着性の良いソフトウレタンバンドを採用。バンドとケースの接合部には、耐久性の高いファインレジンを組み込み、メタルパーツにビスで固定することで、強度を確保している。風防にはサファイアガラスを採用し、メタルパーツの各面はポリッシュとヘアライン加工を使い分けて仕上げている。

 スマホを介してタイムサーバーに接続する「Connectedエンジン」も搭載。標準電波受信機能と合わせ、世界中で正確な時刻情報を取得できる。スマートフォンアプリ「G-SHOCK Connected」と連携することで、ワールドタイムやアラームなどもアプリで設定できるという。

 仕様は以下のとおり。

MTG-B1000
構造:耐衝撃構造
防水性能:20気圧防水
受信電波:「JJY(日本)」40 kHz(福島局) / 60 kHz(九州局)、「WWVB(アメリカ)」60 kHz、「MSF(イギリス)」60 kHz、「DCF77(ドイツ)」77.5kHz、「BPC(中国)」68.5kHz
電波受信方法:自動受信(最大6回/1日、中国のみ最大5回/1日)
通信仕様:「通信規格」Bluetooth low energy、「通信距離」~2m(環境により変化)
ワールドタイム:世界27都市(39タイムゾーン、サマータイム自動設定機能)+UTC(協定世界時)の時刻表示、ホームタイムとの時刻入替機能
ストップウオッチ:1秒計測、24時間計
タイマー:セット単位:1分、最大セット24時間、1秒単位で計測
アラーム:時刻アラーム1本
そのほかの機能:モバイルリンク機能(約300都市のワールドタイム設定機能、自動時刻修正、簡単時計設定、携帯電話探索)、日付・曜日表示、フルオートカレンダー、LEDライト(スーパーイルミネーター、残照機能付き)、バッテリーインジケーター、針位置自動補正機能
使用電源:タフソーラー(ソーラー充電システム)
連続駆動時間:パワーセービング状態で約18ヵ月
サイズ:55.8×51.7×14.4mm
重量:約123g

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
ピックアップ