このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

Acronis True Image 2018を使う

こんなに進化!? 今どきのバックアップソフトを使ったら多機能すぎて驚いた

2018年05月08日 17時00分更新

文● 清水学 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ランサムウェアからデータを守るActive Protection

 今後のバックアップは、ハードウェアの破損や盗難などからデータを守るだけでなく、サイバーセキュリティの脅威に対する安心と安全を確保する上でも重要だ。バックアップしておけば、万が一ランサムウェアに感染し、ストレージ内のデータにアクセスできなくなってしまった場合でも元の状態に戻せるが、Acronis True Image 2018があれば、Active Protectionによってランサムウェアの行動自体を検知し、遮断できる。

Active Protectionではプロセスを監視し、ランサムウェアからデータを保護する。

 Active Protectionでは、不審な動きをするソフトを発見し即座に遮断。仮に書き換えられたファイルがあっても、バックアップからすぐに復元する。ルールベースではなく、ビヘイビアベースの保護となっている。不審な動作そのものを検知する方式なので、まだ知られていないランサムウェアが悪さを働いた場合でも検知。即時バックアップの仕組みにより、ファイルが改ざんされてもキャッシュから瞬時に復元できる。

ランサムウェアに感染した場合、その動きを検知して遮断。ファイルが暗号化されたとしても、バックアップからファイルを復元してくれる。

 セキュリティーを確保するツールとしてはほかにも「Acronis セキュアゾーン」が用意されている。ディスク上にAcronis True Image 2018からしか見えない領域(パーティション)を作り、そこにバックアップを置く機能となる。ほかのプログラムからはアクセスできないので、より高い安全性が得られる。

ツールには「Acronis セキュアゾーン」を含め、役に立つツールが揃っている。

 パソコンの中に置いてあるファイルのうち最も重要なのは自分自身で作成したデータだ。これをコピーして別の場所に保存しておくだけでも最低限の対策はできるが、ファイルの数や種類が増えてくるとその管理だけでも大変だ。

 最近では複数端末のストレージやオンライン上など様々な場所に分散してしまっている場合も多く、1台のパソコンだけを管理しておけば済むわけではない。ただファイルをコピーするだけでなく、パソコンそのものの環境を保存し、スマートフォンなどのモバイルデバイスで撮った写真やデータ、あるいはSNSへの投稿など、複数のハードウェアやサイト上にあるデータも含めてバックアップを取るべきだ。

 Acronis True Image 2018のような統合型のソフトは、バックアップし忘れを防ぐという意味でも、サイバーセキュリティの脅威からデータを保護するという意味でも有用だ。大事なデータがなくなって困る前に、一度、自分自身の持っているデータの全体像を把握し、それを効率よく守るためにどうするかを考えてみてはどうだろうか?

動作環境
対応OS Windows 10/8.1/8/7(SP1)/Home Server/XP(SP3)
MacOS X 10.10以降
ファイル
システム
NTFS、FAT32、Ext2/3/4、ReiserFS、Linux SWAP、HFS+、APFS
対応モバイル
デバイス
iOS 8.0以降/Android 4.1以降

(提供:アクロニス ジャパン)

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン