このページの本文へ

全ゲノム解析の高速化、 新生児の命を救う

Emily Mullin

2018年03月23日 05時47分更新

記事提供:MIT Technology Review

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

遺伝性疾患は北米の乳児の死因の第1位であり、新生児の推定4%に影響を及ぼしている。レイディ小児病院は、全ゲノム・シーケンシングに要する時間を大幅に短縮することで、重病の赤ん坊の病因を迅速に特定して、適切な医療処置ができるようにしている。

【この続きをMITテクノロジーレビューで読む】

Web Professionalトップへ

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

アスキー・ビジネスセレクション

ピックアップ