このページの本文へ

自社サービスのユーザーをリアルタイムに解析するアプリ

2018年03月23日 12時00分更新

文● 上代瑠偉/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 プレイドは3月19日、iOSとAndroid向けに「KARTE for App」の提供を開始した。

 アプリ内のユーザーをリアルタイムに解析し、会員・ビジターを問わずにあらゆるデータを蓄積できる。ダッシュボードやスコアといった機能を使い、アプリ内のユーザーの行動やモチベーションの変化を正しく理解することが可能。行動イベントやユーザー情報を自由に組み合わせてセグメントし、プッシュ通知やアプリ内メッセージを簡単に配信できる。

 さらに、アプリ内メッセージを配信する際のテンプレートもHTML/CSSで自由にカスタマイズができ、ユーザーごとに最適化したメッセージを、企業やブランドの世界観に合わせて届けられる。ウェブサイトにKARTEを導入している場合は、共通の管理画面からウェブとアプリ双方のユーザー行動データを解析することも可能。ウェブ・アプリ・メールやSMS・LINEなど、あらゆる顧客接点での統合的なコミュニケーションができる。

 今後は、ファッション通販の「ZOZOTOWN」や料理レシピサービスの「クックパッド」などの導入を決定しているとのこと。

カテゴリートップへ


注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!

IoTイベント(300x100)

アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ