このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

体験日程残り5日!期間限定のイベント実施中

話題の映画「レディ・プレイヤー1」気分が味わえるVRゲームを「SHIBUYA109」で体験!

2018年03月18日 13時00分更新

文● ジサトラ ハッチ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「SHIBUYA109」の地下2階にあるレディース服の店内に「レディ・プレイヤー1」の体験スペースが設けられていた

 4月20日に公開される予定のスティーヴン・スピルバーグ監督の最新作「レディ・プレイヤー1」(原題:Ready Player One)はご存知だろうか。バーチャル世界の理想郷OASIS(オアシス)の後継者になるための、全人類参加のトレジャー・ハンティングを描い本作は、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のデロリアンや、「AKIRA」に出てくる金田のバイク、RX-78ガンダムなど80年代の映画、ゲーム、ドラマのオマージュが登場しまくるという話題作だ。

 現地時間3月11日(日)に米テキサス州オースティンで開催された「サウス・バイ・サウスウェスト(SXSW)」では、VRをテーマとしているということで、日本でも多くのアミューズメント施設で採用され、量販店でも購入できるVRヘッドセット「VIVE」を使い、「レディ・プレイヤー1」を題材としたVRコンテンツの体験デモなどが行なわれたという。

 そのVRコンテンツが日本で初めて体験できるイベントが東京都・渋谷にある「SHIBUYA109」の地下2階「IMADA MARKET(イマダ・マーケット)」にて3月17日(土)から4月1日(日)までの土日限定で行なわれる。

 IMADA MARKETは個人やインフルエンサー、スタートアップ企業などを対象としたオムニチャンネル販売が可能なインキュベーションプラットフォームで、期間によって店舗やイベント内容が変わる。現在は80年代のモノを展示したり、販売しているため、出展場所として白羽の矢が立ったという。

イベントスペースは地下2階に降りるエスカレーターを降りてすぐ左にある店舗内。エスカレーターを降りてすぐ左を向くと見える位置で行なわれている
イベントスペースでは映画のワンシーンと共に、VRヘッドセットの「VIVE」が展示されていた

前へ 1 2 次へ