このページの本文へ

格安SIMサービスの利用動向調査

格安SIMメイン利用シェアが13.9%に増加

2018年03月12日 16時10分更新

文● まぶかはっと/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 MMDLaboは3月12日、MMD研究所が15歳~69歳の男女4万4541人を対象に2月16日~2月22日の期間で「2018年3月格安SIMサービスの利用動向調査」を実施したと発表。

メインで利用している通信サービス

 メインで利用している携帯電話・スマートフォンの通信事業者を聞いたところ、「docomo(32.5%)」「au(28.0%)」「SoftBank(22.1%)」と大手3キャリアを合わせると82.6%となり、2017年3月の同様の調査と比較すると85.7%から3.1ポイント減に。「Y!mobile」の割合は3.8%、「MVNO」が10.1%となり、キャリアサブブランドのY!mobileとMVNOを合わせると13.9%に。これを前回調査(2017年3月)と比較すると3.1ポイント増えている結果になったという。

格安SIM サービスの認知~利用状況

 格安SIMについて考えに近いものを聞いたところ、「格安SIMという言葉は聞いたことがあるが、サービス名称・内容はよく知らない」が30.5%で最多となり、続いて「だいたいどんなものかわかるが、利用したことはない(利用を検討するまでに至っていない)」が23.2%、「現在も利用している」が15.1%になったとのこと。

メインで利用している格安SIMサービス

 格安SIMを利用していると回答した人を対象に、メインで利用しているサービスを聞いたところ、利用率が最も高かったのは「楽天モバイル」で22.2%、次いで「mineo」が14.3%、「OCN モバイル ONE」が9.7%と続いた。

格安SIMのサービスの契約プラン

 格安SIMサービス利用者を対象に、メインで利用しているサービスの契約プランを聞いたところ、音声通話+データプランを利用しているとの回答が65.3%、データ通信プランを利用しているとの回答は34.7%に。2017年3月の調査と比較すると音声通話プランの利用は8.8ポイント増えたという。

契約別 メインで使用している格安SIMサービス

 契約プラン別に利用している格安SIMサービスを見てみると、音声通話プラン契約者が利用しているサービスは、楽天モバイルが最も高く27.3%、次いでmineoが16.8%、「UQ mobile」が10.5%に。一方、データ通信プラン契約者が利用している格安SIMサービスは、OCN モバイル ONEが最も高く14.9%、楽天モバイルが12.8%、mineoが9.4%と続いた。

メインで利用している格安SIMの利用デバイス

 格安SIMサービスを利用している人を対象に、メインで利用している格安SIMを挿しているデバイスを聞いたところ、「スマートフォン(Android)」が54.5%で最も高く、次いで「スマートフォン(iPhone)」が32.8%「モバイルルーター」が4.8%に。また、iPhoneに関しては、2017年3月調査より7.9ポイント増加したとのこと。

デバイス別 メインで利用している格安SIMサービス

 格安SIMを挿しているデバイス別に利用している格安SIMサービスを見てみると、スマートフォンのAndroid利用者は、楽天モバイル、mineo、OCN モバイル ONEの順に。iPhone利用者はmineo、楽天モバイル、UQ mobileの順になったという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

QDレーザー販促企画バナー

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン