このページの本文へ

ファーウェイ、人気SIMフリー機「nova lite 2」「Mate 10 lite」に顔認証機能追加

2018年03月08日 11時00分更新

文● オカモト/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ファーウェイ・ジャパンは、SIMフリースマホ「HUAWEI nova lite 2」「HUAWEI Mate 10 lite」に対し、3月9日から順次ソフトウェアアップデートを開始。今回のアップデートでは、顔認証機能が追加されることをメディア向けに紹介した。

コスパの高さで知られるファーウェイのミドルクラスのSIMフリー機に顔認証機能が追加!

スマホ界のトレンドとなりつつある顔認証機能を
ミドルクラスの2台にアップデートで追加

 スマホのロック解除などを顔認証によって行なう機能は、以前から一部のAndroidスマホで搭載されていたが、iPhone Xでの対応でトレンド化。ミドルクラスを含めて、対応例が増えてきた。

HUAWEI nova lite 2

 HUAWEI nova lite 2/HUAWEI Mate 10 liteでの顔認証は、基本的にはユーザーの顔を2Dで捉えるものとのことで、アップルのFace IDほどの認識精度ではないと想像できるが、写真や携帯の画面、寝ている状態の顔といった状況は想定のうえで対処がなされているという。実際にスマホで撮影した顔の写真や動画を見せた程度では、ロックは解除されなかった。

設定は機能をオンにして、自分の顔を映すだけ

 なお、ロック解除時は一旦電源キーを押して画面を点灯させてから、ユーザーが画面の方向を見るだけで瞬間で完了。ロック画面に表示される通知の詳細情報を、顔認証されたときだけ出るようにするという設定も用意されている。

画面をオンにして顔認証後、即ロックが解除されるか、スライド操作が必要かを選べる。また、ロック画面での通知の詳細情報を顔認証後にのみ表示することも可能

 HUAWEI Mate 10 liteでは、さらに「ARレンズ」と呼ばれる機能も追加されている。これはスマホ用アプリ「Pitu」の機能が組み込まれたもので、自撮り時に自分の顔に動物やキャラクターの画像が組み合わされる写真が撮れる。また、背景だけあらかじめ用意された画像や、自分が取り込んだ写真と入れ替えるといったことも可能だ。

HUAWEI Mate 10 liteにはARレンズという新しい撮影モードが追加
この画面のように自分の顔にキャラクターの画像を組み合わせられる
背景部分を切り抜いて、あらかじめ用意された画像や演出に変更する機能も

カテゴリートップへ