このページの本文へ

サードウェーブデジノス「DG-Tinker3288」

手のひらサイズの超小型PC「DG-Tinker3288」がドスパラで販売中

2018年01月26日 22時10分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 サードウェーブデジノスから、手のひらサイズのシングルボードPC「DG-Tinker3288」が登場。ドスパラ秋葉原本店で販売がスタートした。

手のひらサイズのシングルボードPC「DG-Tinker3288」。価格は1万9800円(税抜)

 「DG-Tinker3288」は、ASUS製シングルボードPC「Tinker Board」を使った小型PC。CPUは「Rockchip RK3288C」(4コア/1.80GHz/キャッシュ2MB)のほか、2GB LPDDR3のメインメモリー、「Mali-T764」によるグラフィックス機能を装備。

自作PCの電飾から本格的な拡張ボードの開発まで電子工作のベースPCとして使える

 ストレージは付属のmicro SDによる32GBで、ほかにHDMIやギガビットLAN、IEEE802.11b/g/n無線LAN、Bluetooth 4.0、USB 2.0×4、40ピンヘッダなどを備える。なお、OSはTinkerOS(Android 6.0)がプリインストール済みのため、箱から出して即起動して動かせる。

購入にあたり注意事項があるので読んでおこう
ベースはASUS製シングルボードPC「Tinker Board」。同社のマニュアルも付く

 そのほか、マニュアル2冊、USB-ACアダプター、USBケーブル、OSインストール済みmicroSDが付属する。価格は1万9800円(税抜)。

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

関連サイト
ラインナップ
コンテンツ