このページの本文へ

Linuxベースの高性能シングルボードコンピューター

高性能シングルコンピューター「ASUS Tinker Board」が国内販売へ

2017年08月03日 13時10分更新

文● 江幡/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 TechShareは8月2日、ASUSTeK Computerが開発した「Tinker Board」の国内販売を開始すると発表した。8月8日から、同社の直販サイト「Physical Computing Lab」で販売する。

 Tinker Boardは、Raspberry Piと同サイズの基板に、CPU「Rockchip Quad-Core RK3288」と、ARMベースのGPU「Mali-T764」が搭載されたハイパフォーマンスのシングルボードコンピューターで、 同クラスのRaspberry Pi3と比べると約2倍のCPU/GPUパフォーマンスがあるという。ギガビットイーサーネット、HD コーディックのオーディオや4K デコードなどの機能も搭載。筐体サイズからは想像できない、ひとクラス上のスペックが特徴とする。

 また、Tinker Boardでは搭載されているWi-FiやBluetoothの機能について、日本国内の技術適合を取得。安心して利用できるものとなっている。

表面背面

 ボード上には、40pinのGPIOピンヘッダーに、15pinのMIPI DSIとMIPI CSIブリッジ、HDMI端子や、USB 2.0ポートを4基などを備えている。電源仕様はmicroUSBタイプの5V 2A DCとのこと。なお、本機を快適に使用するためには、5V 2.5~3A DCクラスのAC電源を推奨している。価格は8000円前後。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン