このページの本文へ

Radeon Vega搭載

10万円以下でAMD Ryzen G搭載の漫画家向けPCを発表

2018年03月02日 14時50分更新

文● まぶかはっと/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 サードウェーブは3月2日、イラストレーター向けクリエイターパソコン「raytrek debut!」において、AMDのAPU「Ryzen G」を採用した2モデルを発売した。価格は「raytrek debut! RRR5-Q(以下、RRR5-Q)」が8万6378円、「raytrek debut! RRR3(以下、RRR3)」が7万8818円。

 raytrek debut!シリーズは、デジタルマンガ、イラスト作成にむけて作ったマンガ家・イラストレーター向けのパソコン。イラスト・マンガ制作ソフト「CLIP STUDIO PAINT」の動作を全モデルで確認している。

 RRR5-QはRadeon RX Vega 11グラフィックスを採用した「Ryzen 5 2400G」を搭載。RRR3はコストパフォーマンスに優れるというCPU「Ryzen 3 2200G」を搭載している。

 Ryzen Gは内蔵グラフィックスにRadeon Vegaを搭載しており、従来のAPUやCPUでは別途ビデオカードを導入しなくては不安が多かった3D素材の使用も、十分に対応できているとう。

 両モデルは、全国の「ドスパラ」各店舗、およびドスパラ通販サイトで購入できる。それぞれのスペックは以下のとおり。

raytrek debut! RRR5-Q

OS:Windows 10 Home
CPU: AMD Ryzen 5 2400G with Radeon RX Vega Graphics(最大3.90GHz)
メインメモリー:8GB
ハードディスク:1TB
SSD:240GB

raytrek debut! RRR3

OS:Windows 10 Home
CPU:AMD Ryzen 3 2200G with Radeon RX Vega Graphics(最大3.70GHz)
メインメモリー:8GB
ハードディスク:1TB
SSD:240GB

カテゴリートップへ

関連サイト
ラインナップ
コンテンツ