このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

「VAIO、法人向く。」の現在を探る第20回

独自チューンでさらなる高速処理が可能に

VAIO Pro PF/PGに、第8世代CPU搭載モデル

2018年01月18日 09時00分更新

文● 飯島範久 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 昨年9月に発売されたVAIO Pro PF/PGシリーズに、新たに第8世代インテル Core プロセッサーを搭載したモデルが追加された。1月18日9時よりVAIOストアソニーストアオンラインで予約受付開始。最速で1月26日に届けられる。

長時間駆動・軽量性・LTE対応はもはや必須の機能

 働き方改革を検討、推進、実施していく上で、業務に最適なマシンとソリューションの導入は必要不可欠である。そんな中、昨年発売されたVAIO Proシリーズは、VAIOらしい軽量でスリムなデザイン、かつ堅牢性が高いことでモバイルとして持ち運ぶのに優れたマシンだ。

 ビジネスでよく利用されるインターフェースを備え、11インチモデル(PF)で最長16時間、13インチモデル(PG)で12.5時間駆動する。

 さらに、LTEモジュールが搭載可能なので、場所を選ばずどこでもネット接続が可能となり、テレワークにはもってこい。キャリアアグリゲーション カテゴリー9に対応し、最大下り450Mbps(理論値)の通信が可能である。また、指紋認証センサーも搭載。これによりログイン時の面倒なパスワード入力が不要となるとともに、セキュリティー向上にもつながる。

↑LTEモジュール搭載することで、ネット接続のことを考える必要がなくなる。

 こういった性能面だけでなく、使い勝手も追求しているのがVAIOのいいところ。とくにキーボード周りは秀逸で、使用時にチルトアップするヒンジ機構により、キーボード面がタイピングしやすい角度になるとともに、パームレストと机との段差が低くなり手首へのストレスも軽減してくれる。また、キートップはフッ素含有のUV硬化塗装により、表面の文字がかすれにくく、指紋による脂がつきにくくなっている。タッチパッドも滑らかで操作しやすく、2ボタンのクリックボタンを採用。タイピング時の誤動作もほとんどなく快適な入力作業が行なえる。

↑キーボード周りのこだわりは、毎日使う部分だけありVAIOのこだわりを感じる部分だ。

 VAIOによると、新VAIO Proシリーズ投入後の顧客の反応は:

  • 業務上高スペックのマシンが必要だが、持ち運ぶ機会が多く現状は重くて辛い。その点VAIO Pro PF/PGは軽くて薄く、堅牢性も高いので圧倒的によい。海外出張も多いのでLTEも好評だ。
  • 社内でマシンに求める要素をリサーチしたところ、軽さ、薄さ、堅牢性、VGA搭載とVAIO Proが秀でていた。
  • PF/PGは指紋認証が有効で、Bitlockerとログインでパスワード入力の手間が減るのがいい。
  • PF/PGは共通設計で耐久性やデザイン、バッテリー駆動時間、キーボード、LTEと要求する要素をほぼ網羅していて最適。
  • 海外勤務者も多く、海外バンド対応のLTEはいい。TRUSTDELETE Biz for VAIO PCにも興味がある。

とビジネス用途でも高い評価を得ているようだ。

 VAIO Proシリーズはカスタマイズが可能なので、どのような構成で購入されているのか、コンシューマーも含めた全体の集計結果は、

  • LTE搭載が約4割
  • 指紋認証搭載が約7割
  • ボディーカラーは新色のブラウンが2番人気(一番はブラック)

 という結果になっている。指紋認証はボディーカラーに2番人気のブラウンを選択すると自動的についてくることもあり、伸びていることも考えられるが、セキュリティーを高められることもあり、企業での導入が多いと思われる。LTEは現状意外と少ないが、セキュリティー向上にもつながるということが、より認知されれば導入件数は伸びていくだろう。

↑人気の高い指紋認証はタッチセンサーを採用。指を触れるだけでいい。

 一方で、「VAIOのユニークさがもう少し欲しい」や「真面目な製品だと思うがプレミアム感や遊び感が少ない」と言った、特にコンシューマーからの反応、要望もあったという。そこで、それらを解消すべく登場したのが今回のモデルだ。

前へ 1 2 次へ

この特集の記事
最新記事
最新記事

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ