このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

「VAIO、法人向く。」の現在を探る第12回

2つのSIMを使い分けることで公私の区別とコストを削減

VAIO Phone AのDSDS対応が企業にもメリットをもたらす

2017年09月20日 09時00分更新

文● 飯島範久 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 「VAIO S11」や法人向けモデルの「VAIO Pro 11 | mk2」はSIMスロットを内蔵し、SIMを差せばLTE通信が可能だ。このため、どこへ行くにも持ち運び、LTE通信ができる場所なら、どこでもネットへアクセス。モバイルワークが可能だ。とはいえ、通勤電車の中やテーブルのない場所など、モバイルPCを開いて作業するには難しいときもある。そんなときは、やはりスマホが大活躍する。今回は、手軽にコミュニケーションできる「VAIO Phone A」の活用術を紹介しよう。

ミドルレンジクラスで2万円台というコスパ

 今年の4月に発売された「VAIO Phone A」は、アルミ削り出しボディーにVAIOのロゴがエンボス加工されていて、「VAIO Z」を連想するようなスマホだ。昨年発売された「VAIO Phone Biz」と外観的にも、搭載しているCPU(Snapdragon 617(1.5 GHz +1.2 GHz))や3GBメモリー、16GBのストレージといったスペック的にも変更はないが、OSはWindows 10 MobileからAndroid 6.0へ変更され、対応通信バンドが強化されている。

↑5.5インチの液晶を備えた「VAIO Phone A」。アルミ削り出しボディーによる質感の高さは秀逸。

 また、ドコモのキャリアアグリケーションに加えVoLTE音声通話にも対応。ドコモ系のMVNOなら利用できる。さらに、VAIO Phone Biz でもSIMを2枚差す(1枚はmicroSDカードと排他的)ことができたが、両方同時に待受ができなかった。これが同時待ち受けできることで、いわゆるDSDS(デュアルSIM・デュアルスタンバイ)対応となったわけである。

↑ドコモのVoLTEに対応するにはSIMスロット1の方に音声通話付きSIMを差す必要がある。

 それでいて価格は、2万1384円(税込)とミドルレンジのスマホとしてはかなり価格が抑えられている。VAIO Phone Bizが発売当初5万9184円(税込)、現在は3万2184円(税込)であることを考えると、かなりコストパフォーマンスが高い。会社が導入するにあたりVAIO Phone Aは金額的負担も抑制できる。

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事
最新記事
最新記事

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ