このページの本文へ

「ピカチュウトーク」のようなサードパーティー製のものの

「30分後に消して」で音楽が止まる Googleアシスタントの新機能たち

2018年01月11日 18時30分更新

文● 天野透/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 グーグルは1月10日、公式ブロクを更新し、Googleアシスタントの新機能に関するエントリーを公開した。

 エントリーでは最近追加された機能として、スリープタイマーを紹介。「30分後に消して」と言うだけで自動的にストリーミングや音楽の再生がストップするという。そのほか「山手線動いてる?」と聞くだけで、運行状況を調べられるようなサービスや、エアコンやテレビを声だけで操作できるようにするサードパーディー製品「Nature Remo」などを取り上げている。

 「Action」と呼ばれるこれらの追加機能は、グーグルが公式で提供するもののほか「ピカチュウトーク」のようなサードパーティー製の機能があるとしている。Googleアシスタントは現在100万以上のActionに対応しており、グーグルではActionを探せる新しいディレクトリページを公開中だという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン