このページの本文へ

Falcon-C 隼

DUNU、カーボンナノチューブ使用のハイエンドイヤフォン

2017年12月27日 22時30分更新

文● きゅう 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 サウンドアースは12月26日、台湾DUNU-TOPSOUNDの新製品「Falcon-C 隼」を発表した。直径9mmのシングルダイナミック型ドライバーのハイエンド機。振動板にカーボンナノチューブを採用。「従来よりもさらに繊細さと音の粒の細かさを実現し、ダイナミックドライバの広い音場を生かしながら緻密で正確な音の再生を可能としている」とする。

 ハウジングにはステンレスの3倍の強度を持つリキッドメタルを採用。軽量化と不要な共振の抑え込みに役立っているという。MMCX端子でリケーブルが可能。付属ケーブルは6NグレードのOCC(単結晶銅)にシルバーコーティングを施したもの。よりよい高域の特性を引き出せるとする。価格はオープンプライス。店頭での販売価格は2万5000円弱(税抜)になる見込み。

 周波数帯域は10Hz~40KHz。インピーダンスは16Ω、重量は28g

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン