このページの本文へ

回収のため無償交換を実施するほか、バッテリー充電をセーブするアップデートを推奨

富士通ノートパソコン「LIFEBOOKシリーズ」のバッテリーに発火のおそれ

2017年12月13日 14時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
LIFEBOOKのバッテリー

 富士通は12月13日、ノートパソコンに搭載した一部のバッテリーパックが発火して火災にいたる恐れがあるとして交換・回収を発表した。

 すでに2015年8月と2016年2月にノートPC用バッテリーの交換・回収を実施しているが、今回さらに問題のあるバッテリーパックが判明したという。対象となるのは2012年8月から2013年11月に製造したノートパソコン(54機種)の一部に同梱したバッテリーパックおよびオプションバッテリーパック(いずれもパナソニック製)。

 対象となる機種は「LIFEBOOK A/E/P/S/Tシリーズ」、「FUTRO MA552」、「CELSIUS H720」、「LIFEBOOK SH/PHシリーズ」。正式な名称(品名/型名)と発表時期(○○年×モデル)は告知ページにて確認できる。オプションバッテリーパックは国内製品は6品番に加えて海外製品も対象となる。

交換対象となるオプションバッテリーパック

 2018年1月下旬よりバッテリーパックの無償交換を行なう予定。それまでの間、ユーザーはバッテリーを取り外してACアダプターで利用するか、「バッテリ充電制御機能アップデート」(バッテリーの消耗に合わせて充電制御を行なうことで危険性を低減して利用する)を実施して利用することを推奨している。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン