このページの本文へ

Noctua「NH-L12S」

Noctuaから高さ70mmのロープロCPUクーラーが発売

2017年12月06日 23時39分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Noctuaから全高70mmのロープロファイル設計のCPUクーラー「NH-L12S」が登場。オリオスペックで販売が始まった。

全高70mmのLowProfile設計をうたうCPUクーラー「NH-L12S」

 「NH-L12S」は、本体サイズ128(W)×146(D)×70(H)mm、重量520gと、高さを抑えたCPUクーラー。ヒートシンクの下側に取り付けられた厚さ15mmのスリム120mmファン「NF-A12x15 PWM slim」は、回転数1850rpm、風量94.2m2/h、ノイズレベル23.9dBAというスペック。従来通りLNA(Low-Noise Adaptor)ケーブルを使用することで、回転数を1400rpm(風量70.8m3/h、ノイズレベル23.9dBA)に抑えて運用することもできる。

対応ソケットはSocket AM4を含む幅広いプラットフォームに対応する

 対応ソケットはLGA2066/2011(v3)/1156/1155/1151/1150、Socket AM2/AM2+/AM3/AM3+/AM4/FM1/FM2/FM2+と現行モデルをカバー。なお、120mmファンはトップ配置に変更することも可能。その場合、高さ48mmのメモリーモジュールに対応するとしている。

 価格は8186円だ。

ヒートシンクの下側に取り付けられた厚さ15mmのスリム120mmファン「NF-A12x15 PWM slim」は、配置をトップにすることもできる

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中