このページの本文へ

目指せVRダイエット!!VIVE用ラケットによるVRテニス&卓球が運動不足解消の予感!

VIVE トラッカーをセットアップ

2017年12月07日 11時00分更新

文● ジサトラ ハッチ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 現状、まだラケットは販売されておらず、対応ゲームもこれから増やしていくということで、今回は特別に用意してもらった、VRスポーツの定番「VR Sports」のラケット対応版のテニス&卓球ゲームをプレイしました。

 まずは、VIVE トラッカーのセットアップ。ここでは、すでにVIVE本体(SteamVR)はセットアップしたことを前提に話を進めます。VIVE トラッカーを付属ケーブル経由でPCに接続し、フォームウェアのアップデートを求められたら、右クリックから「ファームウェアのアップデート」を選択し、ファームウェアのアップデートを行ないましょう。このあたりの操作は、VIVEのコントローラーやベースステーションと同じです。

VIVE トラッカーはマイクロUSBケーブルで接続し、PCと接続します。充電もマイクロUSB経由で行なえます

 ファームウェアのアップデートが終わったら、VIVE トラッカーを取り外し、VIVE トラッカーに同梱するドングルをUSBケーブルに接続。

VIVE トラッカー用のドングルは、同梱する専用のマイクロUSB変換のアダプターに取り付けて、ケーブルと接続

 あとは、VIVE トラッカーの中央のボタンを長押しし、Bluetooth接続に近い要領で、ドングルとペアリングを行なえば終了です。

 VIVE トラッカーは複数同時に使えますが、その数だけドングルが必要になります。