このページの本文へ

性能が大幅に向上した新型VR HMD

大阪でVIVEの新型「VIVE Pro」が日本初出展

2018年02月22日 17時20分更新

文● まぶかはっと/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Project Whiteは2月21日、関西最大規模のゲーム業界向け勉強会「GAME CREATORS CONFERENCE '18」にHTC NIPPONと共同出展すると発表した。

 ブースでは、ヘッドマウントディスプレー「VIVE Pro」を日本で初出展し、体験会も実施する。混雑緩和のため整理券を配布する予定。

 VIVE Proは2016年4月に発売されたヘッドマウントディスプレー「VIVE」の新型モデル。解像度が2880×1600ドット(615PPI)、PPIがVIVEと比べて37%増加。ピクセル数は78%増加している。フェイスクッションの形状を変更したことで外光の侵入を抑え、眼鏡の使用も想定した形状に改良している。

 また、周辺環境の輪郭がVR内で再現されるシャペロン・テクノロジーにより、ヘッドマウントディスプレーを外さずに周囲の確認が可能。

イベント概要

イベント名:GAME CREATORS CONFERENCE '18
開催日時:2018年3月30日(金)
場所:大阪府立国際会議場(グランキューブ大阪)
主催:一般社団法人デジタルエンターテインメントクリエイター協会 (DECA)
運営:GAME CREATORS CONFERENCE実行委員会

カテゴリートップへ