このページの本文へ

優生学2.0: IQで受精卵を「選別」が 現実になる日

Antonio Regalado

2017年12月04日 06時30分更新

記事提供:MIT Technology Review

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

遺伝子が人間の形質に与える影響が判明するにつれて、体外受精卵の着床前診断にDNA検査を適用する機運が高まっている。米国のスタートアップ企業が、生まれてくる子供が希少疾患にかかるリスクをDNA検査から予測する研究を進めているが、同じ手法が外見や知能の選別にも適用可能だとして論議を呼んでいる。

【この続きをMITテクノロジーレビューで読む】

Web Professionalトップへ

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

アスキー・ビジネスセレクション

ピックアップ