このページの本文へ

パワフルスペックと各種利用モードが選択可能、ワコムスタイラス付属のクリエイター向けマシン

日本HP、クリエイター向けデタッチャブル型「HP ZBook x2 G4 Detachable Workstation」

2017年11月17日 20時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「HP ZBook x2 G4 Detachable Workstation」

 日本HPは11月17日、パワフルなスペックを持つ液晶/キーボードが分離型クリエイター向けのハイエンドノート「HP ZBook x2 G4 Detachable Workstation」を発表した。

 ノートPC、タブレット、デタッチ(分離状態)、ドック接続状態の4種の利用形態が利用できる。ノートPCモードでは堅牢なキックスタンドが利用可能、タブレットモードでも強力なグラフィックス、デタッチモードではタブレットを利用しつつ分離したキーボードも利用できるうえ、ドックモードではマルチディスプレー環境で利用可能など、クリエイター向けの各種機能が盛り込まれている。

ノートPCとしても利用でき(左)、キーボードは分離した状態でも利用できる(右)

 CPUはデュアルコアまたはクアッドコアのインテルCoreプロセッサー、グラフィックスにNVIDIA Quadroを内蔵、ワコムの4096段階の筆圧検知機能を備えたワコム製スタイラスが付属するなど、クリエイター向けの高い機能を装備。本体サイズはおよそ幅364.5×奥行き227×厚み20.3mm(ノートPCモード)、重量はおよそ2.2kg(キーボード含む)。

 Core i7-7600Uを搭載する「フォトグラファーモデル」(2018年1月中旬発売、36万8000円より)、Core i7-8550Uを搭載する「デジタルアーティストモデル」(2018年3月中旬発売、39万円より)、Core i7-8650Uを搭載する「プロデジタルアーティストモデル」(2018年3月中旬発売、46万8000円より)の3モデルが用意される(価格はいずれもHP Directplus価格、税抜)。

■関連サイト

カテゴリートップへ