このページの本文へ

編集機能の大幅強化で授業・講演の配信だけでなく各種分野の教材として利用可能に

映像制作サービス「光Webスクール」360度カメラ映像編集など機能強化

2017年11月15日 14時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
光Webスクール

 NTTスマートコネクトとメディアオーパスプラスは11月15日、両社が協業する映像制作配信サービス「光Webスクール」を機能強化した。

 光Webスクールは、学習塾や学校などの教育機関を対象に授業や講演などの映像制作配信を簡単に実現できるサービス。これまで4KやHD映像に対して仮想カメラワークやタイトル、文字入力、映像カット、音声カット、BGM合成などの機能を提供している。

 新たに追加された機能は、仮想スイッチング編集、360度カメラ映像の編集、補助線・補助図の追加、スローモーション、動きの軌跡の見える化(軌跡合成)、スライド合成、Flashコンテンツの映像化。

 編集機能の追加により、授業や講演映像の編集だけではなく、スポーツや医療などの学習映像、企業研修、インタビューや学会発表など幅広い分野に利用できるとしている。光Webスクールの利用料金は個別応談。

カテゴリートップへ

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

アスキー・ビジネスセレクション

ピックアップ