このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ”第533回

iPhone Xの望遠カメラと広角カメラを使い分けて猫を撮る

2017年11月13日 12時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
蕎麦屋……といっても地面が土であることからわかるように、ここは屋外の席なので店内という感じではないんだが……で、見事なハチワレ猫。客がいても気にせずふらふらしてた(2017年11月 アップル iPhone X)
蕎麦屋……といっても地面が土であることからわかるように、ここは屋外の席なので店内という感じではないんだが……で、見事なハチワレ猫。客がいても気にせずふらふらしてた(2017年11月 アップル iPhone X)

 荻窪圭です。iPhone X、気に入ってます。

 まあ、ほかのスマートフォンに比べて劇的に高画質ってわけじゃないけど、カメラの起動のしやすさ(今までのiPhoneよりロック画面からのカメラの起動が簡単で素早い)、ボディーの持ちやすさ、画面の見やすさ、画質、といった総合力がなかなか高くて、なおかつ「広角カメラと望遠カメラのデュアルカメラ構成」であり、望遠カメラ側(カメラを知ってる人には、広角レンズと標準レンズといった方が正しく伝わるか)が猫を撮るのにちょうどいいのである。

 そんなわけで、iPhone Xを持って歩いた一週間ほどで何度か猫に出会ったので、前回に続いてそのネタを。

 まずは、とある崖の上の蕎麦屋さん。崖の上で蕎麦って聞くとすごい秘境っぽいけど、東京都内だし奥多摩でもない。

 その蕎麦屋、ときどき白黒のハチワレ猫がうろうろしてるわけだが、この日も出現。崖の上にちょこんと座ってる。

崖の上にちょこんと座って何かを見つめてる白黒ハチワレ。右手の青いチェックのテーブルを見ると結構野趣あふれた場所で蕎麦をいただける店なんだなってのがわかるかと(2017年11月 アップル iPhone X)
崖の上にちょこんと座って何かを見つめてる白黒ハチワレ。右手の青いチェックのテーブルを見ると結構野趣あふれた場所で蕎麦をいただける店なんだなってのがわかるかと(2017年11月 アップル iPhone X)

 iPhone Xを取り出して望遠カメラで撮影。

 木々や草で覆われててわかりづらいけど、なんとなく急斜面の端に猫がいて、崖の上にテーブルがあるってのはわかるかと思う。

 ここ、上から葉っぱは落ちてくるわ、時々鳥のフンも落ちてくるわ、蜘蛛の巣はすぐ近くにあるわ、夏は蚊がいるわ、って店なんだが(まあ立地的にしょうがない)、そういう野趣感がけっこう好きなのである。

 蕎麦をすすり終わった頃、卓をともにした友人が「猫が近くにきてる」というので目をやってみると、土の上にちょこんと座ってる。

 そっと近寄って猫目線で望遠カメラで撮ったのが冒頭写真。

 こういうとき広角だと背景が広く写るので、ほかのお客さんも入りがちなのだが、望遠カメラだとそれも避けやすい。

塀の上にちょこんと座ってたミケ。微妙な距離で見つめ合ってしまった(2017年11月 アップル iPhone X) 塀の上にちょこんと座ってたミケ。微妙な距離で見つめ合ってしまった(2017年11月 アップル iPhone X)

 続いて近所で出会った塀の上猫。

 自転車で走ってたら塀の上にちょこんと座ってるミケをみつけたのでちょっと離れたとこに止めて、挨拶しに戻って1枚。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART